<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アレクサンドリア図書館
 全てが台無しになる予感がした。なので、教王(カリフ)から書簡が届いたけれど、開封しなかった。未開封の書簡を携えたまま国境線をまたいだ将軍アムル・ブン・アルアースと彼の四千人の兵卒は、ビザンツ帝国の属州エジプトに野営の陣幕を張った。月明かりの下でアムル将軍が教王からの書簡を開封してみると、その砂で汚れた羊皮紙にはこう書かれていた。

「国境線をまたがずにこの手紙を読んだのであれば、すぐに帰還せよ。されど国境線をまたいでこの手紙を読んだのであれば、あとはアッラーのみが知りたもう!」

 アムル将軍の部隊はエジプトのあちこちに出現してビザンツ帝国の守備部隊を粉砕し、小さな町や城砦を次々に呑み込んでいった。そして上エジプトの首筋である小バビロン要塞を包囲しているときに、ビザンツの皇帝ヘラクレイオスの死が両軍に伝えられた。抵抗する気力をうしなった小バビロン要塞は陥落し、上エジプトに「アッラーは偉大なり」の声が鳴り響いた。アムル将軍は野営の陣幕をたたもうとしたが、ひとつがいの鳩が巣をつくっていたので、その陣幕はそのままにしてアレクサンドリアに向かった。その陣幕(フスタート)はやがて都市の礎となり、やがてその都市はフスタートと呼ばれることになる。

 援軍を含み、二万人にふくれあがったアムル将軍の部隊は海洋都市アレクサンドリアを包囲した。しかしアレクサンドリア総主教キュロスは戦いを挑まず、十字架をせおって降伏した。

 神王(ファラオ)と皇帝(カエサル)の神政がナイル川の堆積物として重なり地層となった両エジプト、よく乳の出る牝牛をアムル将軍はアッラーの帝国に併合した。ルーム人は皆コンスタンティノープルへと逃げ帰り、売国の総主教キュロスが新しいエジプト王を都市の城門の外までうやうやしく迎えた。陰気な聖職者の案内で、アムル将軍はおよそ千年の歴史を持つ都市を、血に飽いた配下の部隊とともに散策した。巨大な文明が軍港都市アレクサンドリアの上に横たわっている。砂漠から這い出てきた征服者たちにとって、自分たちがその都市を操るのだと想像することすら難しかった。

 アムル将軍は海岸で巨大な建造物を発見し、キュロスにそれがなんであるかを尋ねた。キュロスは朴訥に「あれは大図書館である」とアラム語で答えた。通訳の兵士がそれを間延びしたアラビア語に翻訳してアムル将軍に伝えた。灼熱の日差しの下から冷えた建造物の陰に入ったアムル将軍は、埃に覆われ様々な言語で彩られた羊皮紙とパピルス紙、それから楔形文字で飾られた粘土版とが積み重ねられた書架の間を彷徨った。古王国時代から綿々と記録され続けた人口と税収の膨大な数字の蓄積、洪水の頻度と旱魃についての詳細な記述を見つけた。河川文明の蘊蓄と人類の仮説と叡智とが図書館の奥底で横たわり、賢者と愚者の言行録が墓石のように眠っている。ある星辰学者が全ての書物を読もうとしてその半ばで両眼をつぶしたほどの蔵書数を図書館は誇っていた。大図書館は人類の前半生をそっくりそのまま保存していたのである。

 書物はいずれもアラブ人のエジプト統治のために必要な資料であり、この図書館は拡大する帝国を血のかよった肉体と化すための心臓となるはずである。アムル将軍の内面にエジプト王としての自覚が芽生えてきた。百人の司書官に命じてこれらの書物を整理させ、百人の行政官にこのエジプトを統治させる、そんな構想が脳内でまたたいた。しかしアムル将軍にはそれらを自由に没収できる権限はない。戦利品はアッラーに属し、その分配は教王にのみ委ねられている。アムル将軍は図書館の財産の処分を教王に問う使者をムスリムの首府メディナへと派遣した。使者の役目は単なる質問者ではなく、図書館の必要性を訴える代弁者であった。

 二週間後、使者はカリフからの返答が書かれた書簡を携えて大地と天空の境界線から戻ってきた。アムル将軍は、国境線をまたいだあのときとは違い、はやる心をおさえてその書簡を開封した。書簡には初期の簡潔なアラビア文字でこう記されていた。

「もし聖典の教えに反する本があればそれを燃やせ、アッラーへの冒涜であるがゆえに。もし聖典の教えに一致する本があればそれを燃やせ、聖典一冊で事足りるがゆえに。」

 アムルの視界が暗く熔けていった。アムルは蔵書をギザにある三つの巨大な正四角錘の底面に隠すことも考えた。しかし運び手の口を塞ぐことが不可能であると知ると、その無謀な試みを諦めた。アムルはメディナからずっと携えてきた聖典(クルアーン)を手にした。そして大図書館の列柱廊を何度も往復した。自らの手にある軽い羊皮紙の聖典が、この両腕でさえ抱えきれない巨大な知の宝庫に匹敵しうるのだろうか?たかが一冊の書物がアーダムから現在に至る人類の歴史と交換しうるのだろうか?アムルの脳に巣食う疑問は毒蛇のようにとぐろを巻いた。

 アムルは足をとめた。自分の隣では柱の間でアレクサンドロス大王の偶像が擬古的で不快な笑みを浮かべていた。視界がかしいで、絶対的な信仰さえも揺らぐのをアムルは覚えた。そして自分が唯一神教を離れ、多神教に傾きつつあることにアムルは気づいた。万巻の書物か、それともたった一冊の聖典か。茫漠と横たわる大地への旅か、それとも故郷の懐かしい町での暮らしか。多くの女たちを抱くか、それとも一人の女を長く愛するか。広がりか、それとも深さか。そして決意した。アムル将軍は隊長を呼びにやった。癲癇持ちの預言者ムハンマドがカーバの多神教神殿を破壊したのと同じように、アムル将軍はアレクサンドリアの図書館を焼いた。炎の根元で人類の歴史のほぼ半分が消失した。それと同時に人類の迷妄であった多神教の記憶も図書館とともに焼失し、砂漠から吹く熱風が世界を清らかな一者の方角へと向かわしめた。

 それは紀元六四一年、聖遷暦二〇年のことと歴史家アル・バグダーディーは伝えている。
[PR]
by suikageiju | 2009-09-25 10:36 | 掌編 | Trackback | Comments(0)
ちっちゃな追跡者
 正午を少し回った、照りつけるような陽射しの中だった。成城の三省堂で『タイタンの妖女』を買った私は自宅へと向かう裏道を歩いていた。住宅街の中にある小学校の前を通ると半開きになった校門から勢い良くポニーテイルの女の子が飛び出してきた。小学校の低学年だろうか、透明なビニイルの水着入れを小脇に抱え、ビイチサンダルをぺたぺた鳴らしながら、私の進む方角へ走り去っていく。

 そして二十メートルばかり走ると、疲れたのか女の子は歩き出した。私の胸乳にも届かない背丈の女の子の歩みでは、私の健脚には適わない。私はすぐに彼女を追い抜かした。すると女の子はまたぺたぺたと走り出した。そして私より十メートルばかり先行すると後ろを振り返った。陽射しの眩しさに眉をしかめながら女の子は少し得意そうな顔をしていた。それを見て苦笑いしながら、あの年頃はまったく汗をかかないのだろうか、などと思っていた。しかし私の歩幅は大きい。何度も何度も女の子は私の方を振り返り、足を懸命に動かすけれどまた私に抜かされてしまった。そうしたら、また女の子は水着入れを小脇に抱えて走り出し、ぺたぺたとビイチサンダルを鳴らして私を追い抜かした。けれど十メートルばかり先行すると、何を思ったのか女の子はいきなり立ち止まり、道端に寄って、植木の葉をむしりだしたのである。葉をむしっては捨てながら私の方をちらちらっと見遣る女の子に「何をしているのだろう、この子は?」という視線を返して、私はその子を抜かして歩いていった。そうするとまたビイチサンダルのぺたぺたという音が聞こえてきた。女の子は一気に私を抜かすと団地の方に消えていった。ぺたぺたという音は消えた。「ああ、あの子は団地の娘なのだな」と私は一人合点して団地の前を通り過ぎようとした。しかし団地の前の道を歩いていると、まだぺたぺたという音が聞こえてくるのである。団地には幾人かの子どもがいたけれど、彼らはみな立ち止まって話していた。その謎のぺたぺたという音は確実に私をつけて来ていた。あの女の子の姿を探そうとしたけれど、私には団地の樹木や階段に遮られて見つけることはできなかった。

 団地の脇を抜けて私は丁字路に突き当たった。そこで振り返ると団地の樹木の中からあのポニーテイルの女の子が飛び出してきて、私が後ろを見ているのに気づくと道の真ん中でぎょっとしたように立ち止まった。笑って、私はそのまま丁字路を曲がった。角を曲がるたびにぺたぺたというサンダルの可愛らしい音が、すでに私が歩いた道から聞こえてきた。私は悪戯を思いつき、道をそれて神社の境内に入った。境内の石畳の道を歩いて横を見ると、神社の石柵の外から女の子が顔を覗かせていた。私は手を振った。それには答えず、女の子はぺたぺたと走り去った。神社の境内を抜けた。最後のぺたぺたが聞こえてくる。私の前を女の子が駆け抜けていき、角に消えた。やがて門扉をしめるような金属音がかすかに聞こえて、ぺたぺたは止んだ。

 辺りを見回しても誰もいなかった。真夏の住宅街は静寂に包まれた。私は子狐にだまされた気分になった。
[PR]
by suikageiju | 2009-09-21 11:00 | 掌編 | Trackback | Comments(0)
マクベス

マクベス (Makbeto)

ウィリアム シェイクスピア / 光文社


 動かないはずの、バーナムの森が“動いた”!そしてマクダフは“女が”産んだ男ではなかった。魔女の予言が次々と成就していき、マクベスは死の宿命を受け入れる。スコットランド王マクベスはテーベ王オイディプスと同じように、予言に自分の人生を翻弄されて、それでも予言から逃れようとして結局は果たせず、宿命の長い帯にその身を絡めとられた登場人物である。宿命に抗えない人間の悲しさを謳ったので「マクベス」も「オイディプス」もともに悲劇と呼ばれる。
 古の人は自由意志が宿命に屈服する現象を悲劇と呼んだ。しかし、自由よ、汝の名の下でいかに多くの悲劇が生まれたことか!
 「ヘエエエイ、マクベース!」
[PR]
by suikageiju | 2009-09-08 09:15 | 感想 | Trackback | Comments(0)
木曜日だった男

木曜日だった男 一つの悪夢 (Viro Kiu Estis Ĵaŭdo)

チェスタトン / 光文社


 原題は「The Man Who Was Thusday: A Nightmare」。題名を見ただけで尋常ではない小説であるということがわかる。そして内容も尋常ではない。サフラン・パークの看板詩人ルシアン・グレゴリーのところにやってきた一人の詩人ガブリエル・サイム。論争の末にグレゴリーはサイムを、無政府主義者中央評議会の七人の委員の一人「木曜日」を選出する会合に招く。そこでグレゴリーはサイムに自分が無政府主義者であることを警官に告げないことを約束させるが、サイムもまた自分の“秘密”を無政府主義者に告げないように約束させる。この約束がグレゴリーの舌調を乱し、結局サイムが「木曜日」に選出されるのだった。
 そして「木曜日」となったサイムは中央評議会の饗宴に参加する。そこで「月曜日」である書記、「火曜日」であるゴーゴリ、「水曜日」であるサントゥスターシュ侯爵、「金曜日」であるド・ウォルムス教授、「土曜日」であるブル博士、そして議長である不適な巨漢「日曜日」と出会う。次々と明るみに出る委員たちの正体、はったりと陰謀、嘘と変装、逆説と諧謔、フランスの田舎を舞台にした大逃走劇とロンドン市内を駆け巡る辻馬車競走、止まらない冒険活劇探偵小説。ほとんどの人は生活に苦しんでいる。でも無政府主義者になることなんてない。なぜならたいていの人は…。正統派チェスタトンの傑作。
 「汝らは我が飲む杯より飲み得るや?」
[PR]
by suikageiju | 2009-09-07 00:00 | 感想 | Trackback | Comments(0)
くすみ書房
f0208721_1219531.jpg

 札幌市琴似にある久住書房こと、くすみ書房。最初に私が店に入ってびっくりしたのは、狭い店舗の真ん中に岩波文庫やちくま文庫、ちくま学芸文庫、講談社学芸文庫、中公文庫などが「売れない文庫フェア」として大々的に売られていたことだ。普通、この規模の書店ではこういった「売れない文庫」は小さなスペースで済まされるか、岩波文庫は仕入れていないか、なのに。こういう良心的というか、書物に情熱を注ぐ本屋がまだあることに驚かされる。

 9月30日に琴似の今の場所から厚別区大谷地のキャポ大谷地に移転するとのこと。そうすると私はあまり訪れることはできなくなる。今のうちにこの店を楽しんでおきたい。そしていつかは西瓜鯨油社の本もくすみ書房の片隅で売られるようになれば、いいな。「売れない本を売っています。」
[PR]
by suikageiju | 2009-09-02 12:20 | 雑記 | Trackback | Comments(0)