<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
天才の秘密

天才の秘密

M. フィッツジェラルド / 世界思想社


 天才とは、たゆみない努力によって開花させた才能ではなく、先天的な異常によって否応も無くこじあけられた天賦の能力のことだ。この本はモーツァルト、ベートーヴェン、ゴッホ、アンデルセン、ルイス・キャロル、コナン・ドイル、ジョージ・オーウェル、スピノザ、カントなど錚々たる芸術家、音楽家、哲学者を列挙し、ギルバーグによるアスペルガー症候群の6つの特徴(1社会的な障害、2狭い興味関心、3決まった手順の繰り返し、4話し方と言語の問題、5非言語的コミュニケーションの問題、6運動機能のぎこちなさ)によって、彼らをアスペルガー症候群だと診断している。故人を診断するとは、横暴であるが愉快である。
 ストーによれば「芸術家や哲学者は本質的に独力で成長することができる。彼らの人生の道程は性質の転換と作品の完成度を高めることから成るのであり、他者との関係から成るのではない」とある。これはアスペルガー症候群の特徴と合致している。「人と人との繋がりのなかで人間は成長する」と考えている人は多い。学校に子供を行かせたがる人がそうだ。たいていは正解である。しかし稀に、学校がその子供の心を打ち砕いてしまうだけで、成長を妨げられてしまう種類の子供がいる。たとえばアスペルガー症候群の子供、発達障害を抱えた子供などがそうである。それでも「人と人との繋がり」を重視する人間は社会の中で「人間ととはこういうものだ」ということを無理に学ばせようとする。無駄である。その子供に挫折感を嘗めさせるだけだ。放っておけ、本でも読ませておけ、好きに映画に行かせろ、音楽を聴きたいだけ聴かせろ。絵筆と顔料くらい買ってやれ。不登校万歳。そういう子供は学校の教科など受けずとも、自分の好きなことを大学のレベル以上まで独学で勉強できる。彼らは学校を必要としないのだ。自分と同じに考えるな。「人間はみんな違う」の「違う」のレベルからして違うんだ。
 天才の存在を認めるべきである。学校と対極にいる彼らを愛するべきである。
[PR]
by suikageiju | 2009-10-26 10:57 | 感想 | Trackback | Comments(0)
 最初の記憶は二十四時間の航海である。いくらそれ以前に遡ろうとしても、那覇から鹿児島へと向かうフェリーの二等船室よりも前の記憶には手が届かなかった。古代の神話には人類にはとうていどうやってもそれ以前には遡れないという限界があって、「神話的時間」という名前が人類学者によって名付けられている。この物語においても那覇で過ごした最後の眠れない夜が「神話的時間」となって、象の記憶に万里の長城のような果てのない壁を築いていた。

続く
[PR]
by suikageiju | 2009-10-22 09:59 | 掌編 | Trackback | Comments(0)
ソラリス

ソラリス (SOLARIS)

スタニスワフ レム / 国書刊行会


 未知のもの、理解しがたいものについて書くときは輪郭だけをなぞって、あたかもそれについて書いたつもりになる。未知のものについてはそうすることしかできない。輪郭の内側を描写はできない。
 だから『ソラリス』について何か書くほど嫌気の差すことは無い。というのは私はこの『ソラリス』という物語の舞台となる、惑星ソラリスとその惑星の唯一の生命である「ソラリスの海」について何ら理解していないのだから。物語中にも多くのソラリスに関する仮説と論文が出てくる。つまり人類のソラリスに対する無理解の象徴として。しかし、人類の理解とか人類にとっての意味とか、そんなものとは関係なしにソラリスの海は存在する。スナウト博士は「欠陥を持った神の子ども」という仮説を提唱したけれど、そういったものでもないように私は感じる。神とか、子どもとか、人間の言葉の概念を超えたところに「ソラリスの海」は存在するように思われる。
 「ソラリスの海」は、人間の記憶の奥底に刻み込まれた、抑圧された感情を人間の形をとってその人間の前に現出させる。何のために?誰もわからない、誰も知らない、誰も理解できない。だからこそ、この本を読んでいると、宇宙の中での人類のありかたがおかしくなる、人類の立ち位置がわからなくなる。何かを理解するための読書ではなく、何もわからなくなるための読書になる。だからこそこの本が存在する意味がある。この本を開くと、そこに、人間が把握できる空間とは違う、無理解の深淵へと続く穴が開いている。
 物語の中で一番印象に残った台詞を引用して、こんなことは終わりにしよう。この本は読んで感じるためにあって、何か感想を書き残すためにあるんじゃないんだから。分かったような口、理解したような真似はソラリスでは通用しない。そんなことをしてもしょうがない。

「言わないで」
「どうして?」
「わたしがそのひとじゃないってこと、知っていてほしいから」

[PR]
by suikageiju | 2009-10-06 09:24 | 感想 | Trackback | Comments(0)