<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
『掌編集』完売御礼
 古書ビビビさんに委託販売してもらっていた『掌編集』が2月27日に売り切れた。これで去年春の第八回文学フリマで百冊刷った処女作『掌編集』が全て捌けたことになる。もう『掌編集』の在庫はないし、重版の予定も予算もない。また『コルキータ』も古書ビビビさんの在庫が残り2冊となったので13冊入荷しておいた。ついでにポップも新しいのに更新した。なので古いポップを下にあげる。次の新刊は5月23日の第十回文学フリマで出す予定だ。古書ビビビさんの店頭に並ぶのはそれ以降となるだろう。
 これからも西瓜鯨油社では、牟礼鯨が買いたいと思う本、読みたいと思う物語を出版していく、それが弊社のものつくりの原点だ。
f0208721_8595481.jpg

[PR]
by suikageiju | 2010-02-28 18:34 | 古書ビビビ | Trackback | Comments(0)
ポップ
 コミティア91が終了したので新しいポップを古書ビビビさまに置かせてもらった。今度は西瓜鯨油社売り子お手製ポップである。手書きである。肉眼でじかに見るべし。
f0208721_15424712.jpg

[PR]
by suikageiju | 2010-02-15 15:43 | 古書ビビビ | Trackback | Comments(0)
ルネッサンス巷談集

ルネッサンス巷談集 (岩波文庫 赤 708-1)

フランコ・サケッティ / 岩波書店


 秦野時代に、平塚市と秦野市の境にある東海大学の生協書店で購入した本。もともとが戦前の翻訳らしいので、読みにくいったらありゃしない。でもフィレンツェの人々の生々しい暮らし、それこそ「下穿き」の下の潰れた卵まで楽しめる。「物語」に興味のある人はぜひ読んでみてはどうか。
 最近、「作話回路」という言葉が気になっていて、やはり中学高校に澁澤龍彦、長野まゆみ、森茉莉、筒井康隆、開高健、村上春樹、ホルへ・ルイス・ボルヘス、千一夜物語などを全作品単位で濫読した経験が自分の作話回路の基盤になっているんだろうと思う。その回路をもう一度強化するために、民話集を読みなおす計画がはじまった。
[PR]
by suikageiju | 2010-02-07 18:26 | 感想 | Trackback | Comments(0)
コミティア91向けポップ
 お世話になっている古書ビビビさまにコミティア91向けのポップを置かせてもらいました。QRコードを読み取るとコミティア91の情報を入手できます。
f0208721_10334456.jpg

[PR]
by suikageiju | 2010-02-05 10:35 | 古書ビビビ | Trackback | Comments(0)