<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
今後の文傾への期待
 2011年7月30日、文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」が開催された。このイベントはこの路線のままでいくのであれば「西の文学フリマ」とはなりえない。ゆえに第二回を開催して欲しいと思っているし、年一回でもいいので続けて欲しいと考えている。
 この文傾について開催以前から指摘されていた問題は、同人誌即売会の完成形ともいえるコミケやコミティアのような要綱や集客行為がほとんどなかったことだ。責任の所在が不明確で、ブースがどんな形で与えられるか告示されず、コンプライアンスの提示がなかった。そして、開催告示の記事以外に不特定の一般参加者を募るような活動が乏しかった。ではこれらは本当に文傾に必要だったのか?
 飛鷹隼さんとの会話や彼のtwitterでのつぶやきを見て学んだことは、大阪では過去に学生さんなどが杜撰な同人誌即売会運営をして、学生であることを理由に責任放棄し、その会場で同人誌即売会を開催できなくなったりしたことがあったということ。もしこの文傾で何か問題が発生した場合、杜撰な運営によって事態を収拾できなければ他の関西での同人誌即売会の開催に影響が出る怖れがあるとのこと等である。確かに文傾の運営は杜撰だった。開催告示以降直前まで情報が増えなかったので、柏木さんにメールしたりして情報を得る必要があった。そのメールのやりとりではじめて各サークルに机と椅子が与えられることを知ったくらいだった。また、前日の夜になるまで参加サークル数がどのくらいになるかわからなかったし、事前にサークル参加証も送付されてこなかったので偽西瓜鯨油社がなりすましでブースを設営してしまう可能性もあった。従来の同人誌即売会が成立するのに必要な条件がほとんど揃っていなかった。なので、文傾がはじまるまで鯨は「どんなことになってしまうんだろう」という不安とワクワク感があった。それは他のサークルの方々も同じだったと思う。ただ不安とワクワク感の配合比率は各人の思考方法や幼年期からの習慣に因っていただろう。鯨は1:9だった。
 また柏木さんやラガーマンさんなどと話して主催者側の意見を聞くことができた。それは文傾をなるべく従来の同人誌即売会からなるべく遠ざけようとしていること。素人がやっているという感じを出すこと。そして、とりあえずこの文傾で大阪にかかわりのある文藝同人が顔合わせしてくれればいいというものだった。もちろんそれらの意見がただの言葉だけであったのならそれまでだったろう。だが主催者には文藝同人を尊重し彼らと積極的に関わろうとする意思と行動があった。彼らの意見を聞いて「従来の同人誌即売会」のありようを頭の片隅のどこかで文傾に期待していた自分が恥ずかしくなった。そして、それならば「従来の同人誌即売会」に必要なものが文傾に欠けている理由も理解できたし、同人誌即売会と謳ったのも「従来の同人誌即売会」に参加しているサークルを対象にしているのだから頷ける。そして味園ビル、その中のなんば紅鶴という会場はこのイベントに相応しい会場だった。
 コミケやコミティア、そして文学フリマのような運営のしっかりしている同人誌即売会は必要である。しかし、鯨はこれらに満足しているわけではない。学校じゃないのに何お行儀良くしているんだという不満がある。今回、この文傾で、そうではない同人誌即売会の雛形をみたような気がする。もし今後「従来の同人誌即売会」の類似品としての文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」が大阪でできていったとしたら、それは参加する価値のないものになるだろう。どうか「従来の同人誌即売会」の勢力を受け入れたとしても乗っ取られないようにして欲しい。そして今のまま拡大していってほしい。文傾にはサークルリストもいらないし要綱もいらない。サークル参加証でさえいらない。文傾に必要なものはただひとつ、1ダースの筆力ある文藝同人作家だけだ。集客力は彼らについてやって来る。

2011/7/31 高槻市ワークホテル6階の一室にて
[PR]
by suikageiju | 2011-07-31 22:16 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
文傾報告
 大阪の千日前味園ビルで開催された文傾に西瓜鯨油社は参加した。前日夜に新宿駅新南口を夜行バスで出発し、早朝に蝉時雨の湊町バスターミナルに到着。難波のネットカフェと黒門市場にあったUCCカフェプラザでお昼まで時間を潰す。事前に受け取った案内メールに、11時にサークル搬入開始で12時から一般入場開始と書いてあったので、茨木市からやってきた朝戸紺氏と日本橋駅中南改札口で11時40分に落ち合い、出口5から出て、徒歩で味園ビルへ向かう。最初に味園ビルの南東の入口から入り二階に昇るが行き止まり、地下に降りると何やらキャバレーホールのようなところで数人が設置準備をしていたので「ここは違う」と館外に出る。次に北東の入口から入ろうとするが配線工事をしていて「危ないから」と技師に進入を止められる。最後に南西にあったスロープから入ると「会員制クラブ エミ」の向かいにホワイトボードが立てかけてあって、赤字で「文傾コチラ」と矢印が書いてある。(あんまりだ)と思いつつ、矢印の先にあるなんば紅鶴に入る。そこが文傾の会場であった。参加サークルは13で、そこにすべておさまってしまう。なんば白鯨は使用せず、デジタルカフェは休憩談話室になるとのことだ。あとで聞いたのだが、なんば紅鶴は鯨の予想通りもともとフィリピンパブやキャバレーとして使われた空間だった。ブースの準備をしているうちにラガーマンの宣言により正午、文傾が開始された。
f0208721_2328312.jpg

 鯨が東京から持って行った『コルキータ』は7冊売れた。『Los ojos』は20冊ほどを配布した。最初に『コルキータ』を買って下さったのは一人の少女だった。これは「文傾」の読み方も来るまではわからなかったしnovelistのことも知らなかった方で、『コルキータ』を少し立ち読みされ「ひかれるものがありました」とこれを買ってくださった。もうこれで文傾は成功したと鯨は確信した。なにしろ「文傾」の読み方もわからない少女がこのパブ崩れの空間にやってきて、子宮を奪われた娼婦の物語を買ったのだ。この他の『コルキータ』購入者は参加者の青鼠さん、和服姿の伊織さん、novelistを運営している会社の吉岡真夏さん、編集プロダクションを目指す眼鏡男子、そして柏木弘康さん、そして西瓜鯨油社を手伝ってくれた朝戸紺さんである。
f0208721_23374732.jpg


 青鼠さんから購入した『変われないままで』は文芸社の原稿用紙に印字された性遍歴小説で、「なるべき者になれない男は多い」という言葉が胸に刺さった。参加者の水無月せんりさんからはフリーペーパーの『風流風雅 創刊号』をいただいた。参加者の泉由良さんから手渡された『plannning-to-plant』は会場で読んでいて泣きそうになった。泉由良は策士である。その策士から『zakuro, and so on』もいただいた。寝る前に一篇ずつ読む。あと伊織さんの『étoile et gemme』、朝戸紺さんの『黄昏寵』、澤倉修治さんの『一緒にくらそ』、そして柏木さんの『チンポニカ学習帳 オナニー帳』をいただいた。最後の一冊で鯨が生きた証を後世に残したい。あと桜井夕也さんが書いた『SINNER [deadstock]』を伊織さんのブースで購入した。
 このイベントのブース料金は1500円、一人あたりのドリンク代は500円である。事務費をおさえた結果だ。イベント内では注文すれば獅子唐と牛肉のカレーも注文できた。また、鯨は大阪の創作文芸の方々や柏木さん、吉岡さん、ラガーマンと会話できた。柏木さんはあまり本は読まないと言っていたのだが『Los ojos』を読んでもらったところ「おもしろかったです」と感想をいただけて『コルキータ』を購入してもらったことが、一つの殊勲である。なぜなら、今の鯨が目指すのはブコウスキーのように普段本を読まない人が読んでおもしろいと思う物語を書くことだからだ。確かに文傾の一般入場者数は20人に満たなかったかもしれないけれど、鯨は味園ビルに入れたし、新たな読者に出会えて、この文傾に参加した目的を果たした。第二回文傾もしくはそれに類するイベントがあれば参加したい。
f0208721_23381492.jpg

[PR]
by suikageiju | 2011-07-30 23:53 | 大阪 | Trackback | Comments(0)