<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
雨の日、テトラポッドで
『雨の日、テトラポッドで』、霜月みつか1103号室
f0208721_15535620.jpg

 異性愛者とか同性愛者とか少女性愛者という言葉は後付けの意味しか持たないと考えている。そういうふうにカテゴライズされているからとそれに見合った性愛行動をとるのではなく、たまたま好きになった人が小学生だったり、偶然にも同性だったりすることで、そう呼ばれるような、相対的な呼称にすぎないのだと。
 大学時代にS藤という男がいた。どこかの温泉街に住む画家の息子で、気取ったハンチング帽をかぶったお洒落な男だった。S藤に比べればミジンコみたいな鯨はS藤とつるんで詩作集団をつくり、講義から講義へと流れながら教室の机にペンで詩を書き残していくという文学的テロ活動を行っていた。ある日、一緒にキャンパスから高田馬場駅まで歩いているとき、S藤はマウスの実験の話をした。
「ケースでオスとメスのマウスを飼っているとする。人口密度が低いうちはみんな異性愛なんだけれど、世代を重ねて個体数が増えて人口密度が高くなって過密状態になると同性愛に耽るマウスや未成熟な幼女マウスを犯すマウスが出てくるんだって。密度が高くなればなるほどそれに比例して同性愛マウスや少女性愛マウスは増えるらしい。これって面白いよね」

 その話にソースがあるのかは知らない。けれどそれ以降、同性愛者は人口過密化を抑制する、生物としての本能によって形成された性癖であると鯨は考えている。自己調節できない異性愛者に代わり、同性愛者が人類の個体数の均衡をある程度保っているのだ。

 誰かは忘れたけれど東京流通センターの会場で「A-10におしゃれにがんばっている女の子がいる。そこに行って、お誕生日おめでとうございますって言ってみな」と言われ、莫迦正直に行ってみることにした。ブースにはやたらとシャイな女の子が座っていて「お誕生日おめでとうございます」と鯨が言うと小さな声で「ありがとうございます」と返してきた。なんかいたたまれなくなって、その子が適当に見繕ってくれた本数冊を吟味せずに「買う」と言い、お金を払ってブースを後にした。後日、その女の子が21世紀日本文学界期待の新星、ジャンクフード・クラッシャーこと「霜月みつか」だと知った。
 さて本作は第三版であるという。結局この雨ポッドを三回読んだけれど、今回は以前の版とはまったく違う内容になっていた。どう違うかは実際に買ってみて読めばいい。これはBLなのかなと思うけれど、すぐに違うと鯨は否定する。小説としての焦点は時雨にも岬にもない。焦点は佐々木由香にあり、岬の母であり、時雨の同僚でもある。最後に言っておこう、これは同性愛の小説ではない。これは「全身の皮膚を剥がれたアイドルの握手会」小説である。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-13 16:04 | 感想 | Trackback | Comments(0)
ショート*ショート集 ~彼女とわたしの物語~
『ショート*ショート集 ~彼女とわたしの物語~』、珀亞楓StORy×TeLLeR
f0208721_8285445.jpg


 とあるブースの前を通り過ぎようとしたとき、あ、どこかで見知った顔だと思ったら第十二回文学フリマで隣だった珀亞楓さんがちょこんとパイプ椅子に腰掛けていた。そこがStORy×TeLLeRのブースだった。知らない顔ではないので「どうも」と声をかけたとき、珀亞さんの反応を見て「あれ?」と思った。様子がおかしかったのだ。もちろんいつもの珀亞さんの様子なんて知りようがないから、日常との比較ではない。ただ、おかしかったのだ。
 文学フリマでよくブースまわりをされている方はきっとご想像の通りだと思う。ひとりでやっている女性サークルの方に話しかけたときに感じる、特有にして共通のアレ、である。でもそれは単に推測に過ぎない。鯨は「新刊をください」と言ってから珀亞さんがその言葉に反応するまでの時間を自分の右腕の脈拍で計ってみた。それで確信した。推測の通り、珀亞さんは「あっち」の世界に入っていたのだ。
 ひとりでやっている男性サークルの方もよくそうなっている方がいる。でも圧倒的にひとりの女性サークルの方の割合が多い。そういう方を見かけたら、鯨はブースに立ち寄り「ちょっと立ち読みしてもいいですか」と訊ねる。そしてその言葉に反応するまでの時間を右腕の脈拍で計り、「ああ」と確信するという儀式をやっている。その儀式を経てはじめて鯨は、人生の欠落を埋めてくれるような本に出会えるのだ。
 朝の光を漉した清澄さのなかでこの本を読み、鯨は収められた話のなかで巻頭作の「プレゼント」を一番気に入った。それは夢の続きであり、現の終わりであった。鯨の欠落が少しづつ埋まっていくのを感じた。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-13 08:34 | 感想 | Trackback | Comments(0)
小春日和
 トイレで髄液を垂れ流して死んでいたという。死んだのは僕の友人の健吾で、享年二十七歳だった。健吾は二年前、高校生のときから付き合っていた初美と結婚して三鷹市のマンションで暮らしていた。初美のことはあまり知らない。笑う顔がとてもステキな女の子だったと思う。結婚して二年たったある夜のこと。午後十一時半に、五年間勤務していた証券会社から帰宅した健吾は、初美のいるキッチンに向かって
「ただいま」
と言った。食器を洗っていた初美はその挨拶について何の感慨も抱かなかった。当然と言えば当然だ。それは毎晩の夫の挨拶だったのだから。靴を脱いだ健吾は
「トイレにいく」
と初美に言った。そんな夫の言葉に初美は疑い深くも
「飲んできたの? 」
 と訊いた。それは「遊んで遅く帰ってきたのか」という遠回しの批難だった。
「まさか」
 と健吾は返し、鞄を玄関に置いたままでトイレに入った。それが、健吾が初美に言った最期の言葉になった。

 日付が変わってもトイレから出てこない夫を不審に思った初美は「酔って寝てしまったのかしら」とトイレの扉を開けた。健吾は自らの頭蓋から漏れ出した髄液に、沈むようにして倒れていた。初美は一一九番で救急車を呼んだ。けれど、すでに健吾は二度と「ただいま」の言えない世界へと旅立っていた。病院での検死の結果、アルコールは検出されなかった。臨月を迎えた初美はそれを聞いてはじめて泣いた。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-12 17:59 | 掌編 | Trackback | Comments(0)
絶対移動中vol.10 妄想×少女 第一弾
『絶対移動中vol.10 妄想×少女』、絶対移動中
f0208721_22433332.jpg

 これは"複数人による文芸誌"を避けるようにして生きてきた鯨がほぼ唯一連続して購入している文芸誌だ。なぜかは明白である。それにしても「絶対移動中」はわからない。笑っていいのか、泣いていいのか、それとも突き放していいのか、抱きしめればいいのか。「絶対移動中」はそういった"理解"を敬遠する。誰にも「わかったふり」なんてさせる隙を与えない。だからこそ「絶対移動中」なのだろう。さて、今回の主題は「妄想×少女」である。少女は何なんだろう。少女は追憶のなかにしか存在しないと彼は言った。

「Lost girls calling」、泉由良
 ウサビッチこと泉由良氏には大阪で会ったことがある。たぶん、それだけだ。この本の冒頭作となったコレ、不自然な会話が一つの魅力となっている。「何ミリグラム、吸っているの?」「二十四ミリ」普通は銘柄を訊くだろう。そして「十七回」はありえない。でもそこが泉由良であり、彼女の文章であり、読者を痙攣させうる魔力を秘めるものだ。鯨は読みながら気持ち悪くなって嘔吐した。

「ケセランパサラン」、霜月みつか
 ケセランパサランはUMAであるという。これを読んだとき、鯨はひたすらユキアツを想像してしまった。彼の姿が読書視界に貼り付いて、離れなかった。――まぁそれはいい。この「ケセランパサラン」において注目したいところ、それは少女描写に「腿から膝裏にかけて絶妙な形をしていた」と「膝裏」を使用しているところだ。これは鯨の自説だが、あらゆる少女性と美とは「膝裏」に集約される。ゆえに「膝裏」描写の巧拙にかかわりなく、この掌編は膝裏を以て完成を見た。たとえそれが男の娘であっても。
f0208721_2365327.jpg


「小さな肩を震わせて」、有村行人
 光が濃密さを増したとき、それは精神の感度が高くなっている証である。岩井俊二の映画のような一コマを思い浮かべながらこの作品を読ませて戴いた。生々しいくらいに果肉をむき出しにした少女を抉るにはただひとつの不協和音だけで充分である。「一筆書きのように弾く」の修辞のすばらしさえあれば鯨はあとはもう何もいらない。

「後輩書記とセンパイ会計、奥座敷の黒ずみに挑む」
、青砥十
 9月に発生した「文化祭事件」によって"大きな世界"を失った生徒会の面々が、被災地・岩手県は金田一温泉へ行き、さまざまな困難を乗り越えながら"大きな世界"を取り戻すハートウォーミング・ストーリー。心もあったまり温泉で身もあったまる小旅行。あなたもふみちゃんを抱きしめられるかも。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-08 23:41 | 感想 | Trackback | Comments(0)
歩きながら考える vol.6
『歩きながら考える vol.6』、歩きながら考える
f0208721_2017246.jpg

 今回、鯨はジャンルを間違えてノンフィクションで登録してしまった。その誤記がきっかけで隣同士になったのが「歩きながら考える」こと「アルカン」さんである。ambulocetus(歩き鯨)を二つ名に持つ牟礼鯨としては因縁深い名前のサークルさんだ。当日ブースにいらっしゃっていたのは、他人の失敗には容赦ない美女AI女史とどこか憎めないエロ・イケメンのHaTToRi氏。当日はお二方にはたいへんお世話になった。なんでも限りなくプロフェッショナルに近い編集者の方々だと聞いた。
 このアルカンは「旅に出ているときのように新鮮な眼で、あらゆる可能性を探し続ける、そんな雑誌」でありたいと裏表紙に書いてあるように、オシャレな雑誌である。中身もオシャレだ。鯨は比較的、本に興味はなくて「文字が書いてありゃそれでいいんだよ」という派だけれど、そんな鯨を「ふふん」と嘲笑うかのようにオシャレである。いやあ、すごい。鯨も独立国をつくりたい。あと、是非頼めるものなら装丁とかをお願いしたいくらいである。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-06 20:28 | 感想 | Trackback | Comments(0)
スコシの領分
『スコシの領分』、日野裕太郎、下町飲酒会 駄文支部
f0208721_202345.jpg


 最近、日野裕太郎氏が女性に見えてきてしょうがない鯨である。日野氏は言わずとしれた創作文芸界屈指のファンタジー書き。毎回、クォリティの高いカバーをつけた文庫本を刊行していて、その律儀な姿勢には感服させられる。今回の『スコシの領分』には「スコシの領分」、「闇憑きのハコベ」、「探求中毒」の三作品が収録されている。いずれも典型的なファンタジーではなく、登場人物の心情に寄り沿った叙情詩の出来。基本的に日野裕太郎文学の登場人物はみな人生に対して真摯に生きているので安心して読める。と思っていたんだけれど、未だに「探求中毒」のラストの呪縛から逃れていない。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-06 20:13 | 感想 | Trackback | Comments(0)
無題
『無題』、河内寿々+吉田聡、文藝吉田組

f0208721_1418762.jpg


 昔の岩波文庫のような手製本。
 暗い海、光る海
 生命は連続しない限り生命として成立しえないし、連続が断たれたときにその種はこの地球上で生存していた意味を失う。個体ならなおさらだ。だけど、この世界ではたいていの子供が間違えて産まれてくる。そんな世界にあって「産むけど、母親にならない」と決断した女性の話。すごい文章がうまい。

 おれの奢り
 工場とかどうでもいいので死にたガールの話を読みたい。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-05 14:41 | 感想 | Trackback | Comments(1)
ディティールズ・イン・パッチワーク
『ディティールズ・イン・パッチワーク』、高橋己詩
f0208721_1341856.jpg

 この本がなぜここにあるのかについての記憶はまったくない。
 スマイリング・タイムス
 氷点下ではりつめた一本の糸を断ち切るような掌編。
 オクトーバー・フラミンゴ
 笑ってしまうような話なのだけれど、笑えない。人間が持つ記憶領域のうち、もっともくすぐったい領域をくすぐられたような作品。テレビに映されたフラミングの群にかつてのクラスメイトを見つけた男の追想。無理矢理感が高いけれど、その諦念が愛おしかったりもする。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-05 13:12 | 感想 | Trackback | Comments(0)
秋爽
『秋爽』、KOU、AZUReLY BLUE SIDe
f0208721_1294482.jpg

 秋爽という文字には「秋人」が隠れている。澄み切って高い空と数枚の落ち葉とともに。
 2人の人間がいるとする。その2人がお互いにわかりあえると思っていることはとても毒だ。そう思うことはお互いを蝕んでいく。お互いを台無しにする。ただ、それはとても幸福なことだろう。2人がお互いにわかりあえないと思っているとしたら、それはきっと後世に残るくらいに錯綜した往復書簡を残すだろう。そういうアリ方は誰もがうらやむものになる。
 この世界に落ちているすべての思いを拾い集めて博物館の陳列棚に並べられ、ちょっとした解説と気の利いた題名を添えることができるのならば、人間は何も読まないし何も書かなくなるだろう。この世界は「ちょっとした解説と気の利いた題名」の刻まれた白いプレートで溢れ、芸術に分類されるような事象はすべて消え失せてしまうのかもしれない。そんな理想の世界と対極にあるこの世界の苦悩を、KOU氏は鮮やかに秋の空高くにちりばめた。もしかしたら爽花が実は「命」を受けた刺客で、秋人は兄の春綺によって殺され、爽花は「命」に従いつつも「己のワケ」によって春綺を殺そうとしている、冒頭3行でそんな展開を思い浮かべたことを、鯨ここに羞じ、この駄文を以て感想とさせていただく。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-05 12:30 | 感想 | Trackback | Comments(0)
迷宮図書
『迷宮図書』、佐藤、佐藤
f0208721_9162438.jpg

 エガ・ハマンは苛々させる。それが迷宮の意志とは知らされずに。
 この本のタクリーズというか警告文に「本を読み始める前には、スニーカーを履いて、ストレッチをすること」と書かれていたので、ちゃんと前日に原付を飛ばして東京靴流通センターで銀色のスニーカーを買い、仏壇にお供えしてから文学フリマへ出かけた。それでブース「佐藤」でこの本を手にとりながら「いやぁ、これ買うためにちゃんとスニーカー買いましたよ」と言ったら佐藤さん
「え?」
 という反応だった。「なに言っているのこの人」、佐藤さんはそう言いたげな顔をしていた。いや、ちょっと待ってよと。
「スニーカーを履けって書いてあったじゃないですか」
「あ、そんなことも」
 こんな調子である。これではいくら話しても埒があかぬと思い、代金を払って「もう、騙されたよ」と捨て台詞を吐いてさっさとブースを後にした。数歩歩いて、ハタと気付いた。そうだ、もう鯨は佐藤さんの『迷宮図書』の世界にむりやりねじこまれていたのだ、と。しかしこの発想はおかしい。なぜなら文学フリマの会場で『迷宮図書』の世界にむりやりねじこまれたと気付くためには11月5日時点のすでに『迷宮図書』を読了した鯨の記憶と11月3日文学フリマの会場でブース「佐藤」を後にした鯨の記憶とが共有されていなければならないからだ。この感想記事を書いている牟礼鯨は間違いなく鯨だ。11月3日から連続しているひとつの鯨だ。では11月3日、文学フリマの会場にいた牟礼鯨とはいったい誰だったのだろう。
[PR]
by suikageiju | 2011-11-05 09:31 | 感想 | Trackback | Comments(1)