打ち合わせ
 印刷会社と原稿についての打ち合わせ。使えるフォント(JS明朝・Georgiaはダメ、MS明朝・Verdanaは可)、表紙2と3へのノンブルの印刷の有無、遊び紙などを訂正していった。本を出すのは初めてなので知らないことばかり。印刷会社の人とやりとりすることでいろいろと勉強になる。
 それにしても、印刷業というのはけっこう神経を使う仕事のようだ。細かいところには決して目を配らない私には向かない職業である。あとは送料1200円を支払えば完了。A6サイズ、282頁の本が100冊で66520円である。一冊500円で売ると、一冊売れる毎に165円損をする計算になる。
[PR]
by suikageiju | 2009-04-28 11:34 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suikageiju.exblog.jp/tb/10927328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 当日行動計画 納品と納本 >>