砂の本

砂の本 (La libro de sablo)

ボルヘス / 集英社

スコア:



 ボルヘスは私の物語作家≒物語収集家としての師匠である。「学問の厳密さについて」は掌編の傑作で、物語らしい筋もがあるわけではないが、その独自性と発想は群を抜いている。「汚辱の世界史」のなかではエトセトラを除けば「仮面の染物師メルヴのハキム」が私の好みだ。「他者」はいつ読んでもいいし、「会議」や「砂の本」も「鏡と仮面」も磨かれた宝石のような掌編だ。
[PR]
by suikageiju | 2009-06-13 17:45 | ラテンアメリカ文学 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suikageiju.exblog.jp/tb/11298046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東方綺譚 審判 >>