カード分類法
 2013年6月くらいからコレクトの5×3情報カード無地を使っている。4月29日に秋葉原のNIJYU-MARUで久保田輝とその他数人の作家と会食したときに久保田氏が「作家の地下水脈」という言葉を使い、たまたま同時期にV.ナボコフが車内でindex cardsに文章を書き込んでいる画像を鯨がネットで見つけ、言葉と画像が脳内で重なった。そして、情報カードを使い始めた。『受取拒絶』の創作過程でもコレクトの無地カードを使った。
f0208721_22462377.jpg

 その後無地カードは図像やスクラップのためのカードとし、文章やメモなどはコレクトの5×3情報カード補助6ミリ罫を使っている。ライフの情報カードは薄くて敬遠した。コレクトの方眼罫であるセクションカードは、そもそも鯨という人はノートについてはとことん方眼罫派なのだが、それは文章にも図像にも中途半端なので使わなかった。もし最初から二種類のカードを使い分けず、一種類のカードしか使わないのであれば5×3のセクションカードだけを使っていただろう。5×3のサイズにこだわるのは国際十進分類法の考案者のひとりであるポール・オトレが世界書誌目録でそのサイズを使っていたからである。また、5×3の補助6ミリ罫カードは日本語の文字にして200~300字が書き込める限度であり物語の核をあまり書きすぎず、それでも必要な情報を載せるために適った大きさだからという理由もある。あらすじは簡潔に言えねばならない。たとえば『トキシン』に寄稿した「同毒療法」の原初アイデアは5×3の補助6ミリ罫カードに書かれた。
f0208721_22595026.jpg

 その他、福岡ポエイチや文学フリマでの西瓜鯨油社ブースに置く値札に補助6ミリ罫カードを使っている。情報を記録、保存、整理するための内向きな情報カードを、値段や書籍情報の提示のために使うという外向きな試みは成功しているとは言い難いが、統一された書式で頒布している本の情報を提示できるので、使えない方法ではないだろう。
f0208721_23124387.jpg

 12月28日、ある程度情報カードがたまってきたので400円くらいでカードボックスを購入し、コレクトの見出しカードを買って「分類」してみた。情報カードの分類といえばPoICメソッドである4カード、つまり「記録、発見、GTD、参照」があるが、これを鯨は「記録、思案、種子、知識、覚書」に分けた。記録はそのままだが、発見は思案に変え、GTDをなくし、参照を知識に変え、覚書を追加した。それぞれ下記のように定義される。
記録: 経験したこと、日記のようなもの
思案: ふと思いついた短文、発見
種子: 物語の骨格、アイデア
知識: 典拠があり参照できる情報
覚書: 講演や創作過程での一連のメモ

 とりあえずの分類であるが、物語作家向けの分類となっている。日常生活の記録や本やネットから得た知識からふわりと浮んだ思案をそのまま思案として肉とするか、それとも物語の骨格となる種子とするかにより分けて、骨格たる種子に肉付けしていく過程を覚書にまとめるのである。
 物語創作は情報学における、ひとつの応用部門ととらえている。生活のありとあらゆる事象に隠された情報をどう得てそれらをどう加工して小説へ、あるいはどう省略して物語へと仕上げるかについて体系的にデータを収集していきたい。その収集過程でカード分類法も変わっていくだろうし、変わっていけばより専門的な物語創作の領域へ達するようになるだろう。


 
[PR]
by suikageiju | 2013-12-28 23:38 | 情報カード | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suikageiju.exblog.jp/tb/21178381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハープと影 帰宅したら弟がニート >>