情報カードで階層ToDoリストをつくる
 文芸サークルについてまわる諸問題はつきつめると、貨幣時間の2つに絞ることができる。とくに取材旅行をする必要に迫られると交通費や宿泊費が日常生活に深刻なダメージを与え、そして勤務者であれば有給休暇の取得などで精神的に追い詰められながら移動時間と取材時間を確保しなければならない。日本国内ならまだなんとかなる、でも「海外へ行き、現地の様子を見てみないことには」なんて事態になると大変だ。航空券代やホテル代が嵩むのもそうだし、目的地が遠ければ移動だけで2日や3日は要する。そしてその前段階である準備が煩雑だ。そもそも通称「パスポート」、日本国旅券を持っていない、持ってはいるが期限切れだ、なんてことになればそれを申請・取得するところからはじめなければならない。
 ファンタジー小説などでホビットたちやハイタカがさまざまな困難と出会いながらもなかなか自由に国から国へと旅をしているのに憧れたこともあろう。でも我々はそうはいかない。我々の目の前には目に見えない「国境」が立ちはだかっている。許可無くその向こうへ足を踏み入れれば密入国者となる。この小さな第3惑星の地表にへばりついて生きる人類が自分でその地表を区切り、ナワバリを主張して自分たちの自由を束縛している様は滑稽だ。高度なまでに発達した入国管理と身分証明の制度がこのような理不尽を強いているのだと言うのはたやすい。でも、実のところはまだそれらの制度が未熟なためにこのような苦汁の日々を甘受しているのだ。やがて数十年後には、より高度な身分証明と、より魔法じみた入国管理がハイタカのような旅を可能にするだろう。
 期限切れのパスポートをもとに新規にパスポートを申請するにはいくつかの書類が必要で、そのなかでも入手困難なものとして戸籍抄本がある。東京都に住んでいるのに本籍地が他県にある場合はその役所へ郵送で戸籍抄本を発行してくれるよう申請しなければならない。そしてその手続きにもいくつかの書類が必要だ。その期限切れパスポート新規申請に必要な書類を整理するために5×3サイズのコレクト情報カード(補助6ミリ罫線)OSANPO shoppingさんで購入した親子ToDoスタンプを使って、階層ToDoリストを作成した。パスポート新規申請のための親子ToDoの一項目である「戸籍抄本または戸籍謄本」の右にそれを申請するのに必要な親子ToDoを並べる。
f0208721_10112519.jpg

 ToDoリストは業務管理関係のハックでは、莫迦のひとつ覚え感がある。だけど、だからこそ使い勝手が良いのだ。そもそもこの親子ToDoスタンプを使った階層化は日常の仕事管理でも使っている方法で、単純な階層ToDoリストであれば簡単に作ることができる。また、起動の時間を要するスマートフォンなどでの管理とちがい、ポケットに入れておけばToDoをこなすたびに人体の速度でチェックを入れることができる。コピーとペ―ストして繰り返し使う内容や長文でなければ、やはり手書きでメモするのが効率的である。そして情報カードを使いそしてカード管理システムを機能させれば5年後や10年後に同じ事態に陥っても、制度が変わっていなければ再利用することができる。
[PR]
by suikageiju | 2014-01-18 08:15 | 情報カード | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suikageiju.exblog.jp/tb/21290975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『受取拒絶』売り切れと追加納品 情報カードを名刺に >>