第4回福岡ポエイチ
高浜虚子は九州へ来ると巨大になった。〈天の川の下に天智天皇と臣虚子と〉を作ったのは太宰府である。また九州の女をよく見ている。小倉では〈落椿投げて暖炉の火の上に〉の句で橋本多佳子を俳句の世界に誘った。そんな文学と女の住まう島九州は福岡の博多で6月の定例行事、福岡ポエイチが開催される。

2015年6月6日(土)と7日(日)の両日12時-17時、福岡市は中洲川端駅近くにある冷泉荘(福岡市博多区上川端町9−35)で開催される第4回福岡ポエイチに、西瓜鯨油社は参加しない。しかし牟礼鯨は福岡へ遊びに行く。

というのも、かの精霊的肉体を持つ文学地母神=小柳日向命が主宰する日表造形社の詩誌『二日酔いのモナムール』に詩と俳句と自由律俳句を寄稿したのだ。その詩誌は6日と7日の両日、a-8「大坂文庫」にて販売される。

この詩誌『二日酔いのモナムール』は地母神が集めた5人の作家が参加している。彼らを世代で分けると以下のようになる。

第一世代 森井聖大(大分県)
第二世代 牟礼鯨(東京都)、泉由良(台湾)
第三世代 上住断靭(大阪府)、小柳日向(福岡県)

どんな作品が集まったのかは知らない。だが創作文芸界隈でよくあるような公募ではなく、小柳日向命が自ら作家を選び編集した。その行為に一つの明確な神慮があるだろう。たぶん、文学を楽しめ、と言っているに違いない。

作家の言葉を、ボクサーの拳のような凶器だと恐れる者は言葉を知らぬがゆえに恐れている。彼らは嘘を知らず、ゆえに言葉を知ることなく、文学を恐れ、文学に背を向け、文学に門戸を閉ざし、文学に敗北する。福岡の地には言葉を楽しみ、文学に親しめる者らが集うだろう。福岡ポエイチの当日、会場となる冷泉荘には私服警官はひとりもいない。なぜなら福岡ポエイチは詩人どものイベントであり、言葉を知るものが司るからだ。言葉と文学に警察は不要である。なぜなら言葉自身が作家と詩人を律し、同時に欺くからだ。そのことを信じることができない者は文学から去る他ない。

福岡では言葉と文学、そして地母神を楽しもう。



[PR]
by suikageiju | 2015-05-25 10:34 | 福岡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suikageiju.exblog.jp/tb/24050223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 文学フリマガイドブックについて... 寄稿分の感想など >>