サークル閉鎖。
by 鯨
カテゴリ
文学フリマ
大阪
福岡
テキレボ・本の杜
タトホン
COMITIA
コミケ
古書ビビビ
俳句
雑記
弊社発行物
kindle
感想
掌編
翻訳
西瓜糖
朗読工
チュニジア旅行記
ラテンアメリカ文学
自己愛な人
情報カード
金沢文学フリマ
以前の記事
文学フリマ・アライアンス望月倫彦氏の嘘
2015年11月14日公開の対談記事で文学フリマ・アライアンス代表の望月倫彦氏はこう発言している。

全国各地に文学フリマが増えれば、その影響を受けて出店者が減るのは東京と大阪です。でも、それを乗り越えてもう1、2年くらいすると、今度は増えてくると思うんです。福岡や北海道や盛岡でやって、と繰り返していくと、ある段階から、地元で文学フリマを経験した人たちが「年に1回くらいは東京に行ってみようか」「大阪に行ってみようか」みたいな感じになってくるんじゃないかな、と。
引用元:文学フリマ事務局×文学フリマガイドブック編集委員会対談


文学フリマ百都市構想において福岡・北海道・盛岡が繰り返されることは想定しているが、第一回を済ませた金沢については繰り返されることを想定していないかのように省かれている。

しかし11月24日の記事にはこうある。

文学フリマ金沢事務局の体制変更

さて、今年の4月に開催された「文学フリマ金沢」ですが、次回の開催に向けて動いております。

第一回金沢で金沢事務局の代表を務めた山崎さんが代表を離れて、地元のメンバー中心の体勢に変更となります。

もともと石川県出身者とはいえ山崎さんは東京在住だったので、第一回を開催したうえで地元のメンバーに引き継ぐというのは文学フリマ百都市構想の流れとして想定していたことです。
引用元:「第二十一回文学フリマ東京」終了。ありがとうございました!


「第一回を開催したうえで地元のメンバーに引き継ぐというのは文学フリマ百都市構想の流れとして想定していた」ことであればなぜ11月14日の記事で金沢の名が上がっていなかったのか疑問が残る。サプライズを企図していたにしても名を省けば逆に怪しまれてしまう。

つまり11月14日の時点で、望月氏は金沢が繰り返されることは想定していなかった。文学フリマ・アライアンスのスタッフで金沢の代表でもある山崎良祐氏が金沢スタッフへの脅迫事案で代表職を降りざるを得なくなり、その山崎追放のため予期せず金沢が第二回を開催できるようになった。だから、文学フリマ・アライアンス内の醜聞を隠して身内を庇うために予め想定済という記事を書いたのだろう。

二つの記事が明らかにするように望月倫彦氏は金沢のことで嘘をついている。そして参加者と地方事務局スタッフを裏切っている。
[PR]
by suikageiju | 2015-11-24 23:59 | 金沢文学フリマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://suikageiju.exblog.jp/tb/24806345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 文学フリマは滅ぶべきである 文学フリマガイドブックについて... >>