カテゴリ:コミケ( 9 )
コミックマーケット83戦利品
昨日12月29日は冬コミことC83の1日目ということで西瓜鯨油社は創作文芸嶋の片隅でひっそり頒布活動を行った。いつもの創作文芸関係の方や吉田さん、くちさんやまひえもんさんなど「Twitterで見てます」という方も冬コミに遊びに来ていて、親にも見せたことのない鯨の恥部を知る方々と東京ビッグサイトで直にお会いできるというのはなんともむず痒いものである。むず痒いと云えば伊織さんから預かった付け髭をずっと鼻に装着していたので自分の洟の臭さに失神しそうになったし、繊維が落ちてくるので唾で濡れて唇にはりつくのが鬱陶しかった。付け髭は短時間の一発芸用に作られているようだ。伊織さんと云えばパセリさんがしょうがキャンディーを配って歩いていたので文学フリマ非公式ガイドブックを押しつけたから、またdisってくれると思う。ブース写真は下の通りである。
f0208721_10561753.jpg

今回、冬コミに参加した目的の筆頭に2013年4月の新刊告知という事項があった。第十六回文学フリマin大阪になるか超文学フリマになるかは分からないけれど『オルカ』(仮)を出す予定である。

【戦利品】
f0208721_111167.jpg

・『生命の染み』、影井公彦
 この方とも長い付き合いだなあ #掌篇 #かぶりもの

・『でもほら繁殖するしかないの』、日野裕太郎、下町飲酒会駄文支部
 売子さんがいた。 #ヒと #ファンタジー #電子書籍 #kindlejp #キンドル

・『ホテル惺明館のお客様』、真乃晴花、Natural maker
 佐藤さんは幼児体型が好きなのかどうかで盛り上がった。#耽美 #良識の腐 #なちゅらめか

・『後輩書記とセンパイ会計、不浄の美脚に挑む』、青砥十、眠る犬小屋
 ご近所で知り合いの犬吠埼さんが頒布していたので購入。 #妖怪 #学園 #青春

・『ヤンコメ!』、漢字中央警備システム
 ヤンデレには定評のある漢中警Sさんの本。前にでっかい本を買ったけれどそれとは別物らしい。 #ヤンデレ #アンソロジー

・『竜たちの9月』、麻宮、牧師館の雨傘
 このサークルさん好きなんだよな。 #ファンタジー #童話

・『青年バベル』、木嶋章夫、ストカスト
 買ったら15年前のエヴァのマンガ同人誌をくれた。しかもエロ。 #エヴァ #エロ

f0208721_11275096.jpg

 帰路に見た夕陽。どうやら我々は文学という刑に処せられているようだ。
[PR]
by suikageiju | 2012-12-30 11:28 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミックマーケット83
「黒子のバスケ」の問題で大荒れになりそうな今年の冬コミことコミックマーケット83に西瓜鯨油社は参加することになった。会場は東京ビッグサイトの東3ホールである。前回のコミケ参加は2年前のコミックマーケット79であった。なぜ弊社がこの2年間申し込まなかったのかというと「やる気がなかったから」で、そして今回申し込んだのは「たぶん第十五回文学フリマで新刊の『南武枝線』と『コルキータ』が大量に余るだろうから今年のうちに少しでも減らしておこう」という腹積もりからであった。もちろん部数は余ったんだけれど、1月にはタトホン、3月には本の杜3があることを踏まえると「別に冬コミに出なくても良かったんじゃなかったのか」という思いも湧いてきて今では後悔している。ただ「黒子のバスケ」の件もあり、冬コミに参加できて本を頒布できるだけでもありがたいことなんだと思い直している。

【配置場所】
 1日目東Q36b
 ここって風で寒いところなのではないのかと危惧している。

【頒布物】
・『南武枝線』 (82頁)、牟礼鯨
 痴漢で出会った嘘つきとサイコパス。嘘つきの始めた「新日程」が南武支線を怪異させる。記憶を喪う鉄道幻想譚。頒布後の反応はこんな感じでした。
f0208721_6241743.jpg

・『flugas filozf'』(賢者は飛ぶ、128頁)、牟礼鯨
 9篇の卑猥短篇集。そのうち7篇は『ガリア女』収録作のため地方同人誌即売会限定版だったが、もういいだろうということで冬コミにて東京解禁。
f0208721_15414260.png

・『コルキータ』 新装第四版(174頁)、牟礼鯨
 「コルキータを買った男は四十日で死んだ」16歳の少女はみな破瓜祭で破瓜される世界。 破瓜祭以前に男を知った罪によって子宮を奪われた美少女娼婦コルキータは死の呪いを身にまとっている。この少女と出会い、恋の感染症のために狂気へと追いやられる青年ダオ。やがてダオの求愛行動は殖民地戦争という歴史のうねりにまきこまれ壮大な叙事詩となる。真実の愛さえあれば死の呪いから逃れられると信じたダオの運命は? 官能的言語で綴られた「娼婦幻想譚」新装第四版。
f0208721_6305551.jpg

・『文学フリマ非公式ガイドブック』第二版(64頁)、委託
 第一版を第十四回文学フリマで146部売り上げ、この総入替された第二版は第十五回文学フリマで157部売り上げた非公式ガイドブックをコミケでも頒布。どこよりも真剣におもしろい創作文芸誌を選出した指南書。
f0208721_024172.jpg

【備考】
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・質問などがございましたらコメントや「murekujira◎gmail.com」(◎→@)まで。
・小便もしくは尿意に対する強迫観念があるので頻繁にトイレに行きます。不在の場合は立ち読みして待っていて下さい。
[PR]
by suikageiju | 2012-12-17 07:27 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミックマーケット82戦利品
孤独な営為として西瓜鯨油社はこの2012年夏コミにはサークル参加していなかったけれど10時20分から炎天下、行列に並んでコミケに一般入場した。そして脇目もふらず最初に西ホールの閑散とした創作文芸島を訪れた。そんな自分を自分で褒めてあげたい。以下はC82の戦利品である。
f0208721_23313075.jpg


『夏がいき、風ばかり熱い』、日野裕太郎、下町飲酒会駄文支部
 猫リリエンスを犯したい。

『トラウマ・サーカス』、浅葱つくみ
 男性が書く少女視点の作品って女性からすれば「ちゃうねん」と言われるんだろうけれど、その差異こそが作品の意義なんだよね。

『恋の果実』、流浪の民
 小説合同誌。バレー選手かと思ったらプロの作家さんだった。

『Polyphony』(第三号)、上智大学「紀尾井文学会」OB会
 前に紀尾井文学会さんの本を購入した気がする。

『絶対移動中』(第一号)、絶対移動中
 あの絶対移動中の創刊号。伊藤鳥子作品が初々しい。

『ジョソウダンシ!!』、絶対移動中1103号室。
 なんで主人公の名前同じなの? 絶対前もって打ち合わせしてなくて偶然の一致でしょ。そういうのってすぐわかっちゃうんだよ。

『たわまが』(vol.1)、たわまが
 戯曲を訓読みして戯曲(たわまが)。Tower Magazineっぽい名前さん。

以上


[PR]
by suikageiju | 2012-08-12 23:59 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミックマーケット79
 牟礼鯨である。西瓜鯨油社は夏コミに引き続き、冬コミにも参加する。参加する日はなんとコミケ第一日目の12月29日、しかも場所は島角らしい。ただの島角じゃない、コミケの創作文芸の島角である。あの雑踏を目の前に鯨は新刊も無料冊子もなく、まさに為す術もなく、ハンパな売り込みをするのである。格好の見物だろう。乞うご期待。さて今回もまたLumiereの文芸作家にして文芸同人界最後の良心、鳥久保咲人氏が弊社を手伝ってくれることになった。こちらも乞うご期待。

【配置場所】
 1日目東ピ30a

【頒布物】
『物語群』(500頁)
 『掌編集』と『複雑系』の完売後、待望の掌編・短編集。『コルキータ』の物語世界で、zugzwangな登場人物たちが織り成す73篇の物語群。

『コルキータ』第二版(172頁)
 「コルキータを買った男は四十日で死んだ」 初恋の罪によって子宮を奪われた美少女娼婦コルキータは恋の呪いを身にまとっていた。この美少女と出会い、初恋の感染症のために狂気へと、戦場へと追いやられる青年ダオ。官能言語による魔術叙事詩、第二版。刊行後一年弱で170冊以上売り上げた人気作。残部僅少、売切れ必須

f0208721_10291134.jpg



【備考】
・基本的に売り子が対応しますが、たまに鯨もいます。
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれくじら」と読みます。
・質問などがございましたらコメントや「murekujira◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2010-12-19 21:22 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミケ78戦利品一覧
 コミックマーケット78、夏コミ3日目の戦利品をあげてみる。戦利品の数はコミケにしてはなかなかに少ないけれど、午前中に遠征、戻ってから怒濤の3時間断続的接客、暑さで脱力状態、という流れだったので探索に出る余力がなかったんだよ。

f0208721_6312849.jpg


・『フォロソフィア 第三号』Kevtaro他 フォロソフィア 東へ15b
 噛み応えがありそう。
・『補遺』Kevtaro他 フォロソフィア 東へ15b
 ふわふわ時間のロシア語訳、ヒンドゥー語訳、サンスクリット訳とか!
・『かえりみち』田島葵 新嘲文庫 東フ15a
 女子高生遣いのレッテルを貼ってしまった。
・『エッちゃん』田島葵 新嘲文庫 東フ15a
・『魔女の巣』osi7 二ヶ屋 東フ34a
 西瓜鯨油社の文庫サイズ同人誌を真似たという文庫サイズの可愛同人誌。
・『進化論の妄想 生命発生の疑問』シンキロウ 暗黒通信団 東P24a
 ……。
・『自然対数の底1000000桁表』シンキロウ 暗黒通信団 東P24a
 ……。
・『THE IMPRINT ハノの魔法の杖』真乃晴花 Natural maker 東プ18b
 ちっちゃくて美人。
・『うそつきさがし』日野裕太郎 下町飲酒会 駄文支部 東フ56b
 ここの装丁はいつもいいね。
・『歯車』kaiko 蛇の骨ひとり 東ピ10b
 赤備えの確率が高い。
・『辻の精霊』kaiko 蛇の骨ひとり 東ピ10b
・『ねこまの月読み』まにゃ ねこま 東ピ12a
 お隣さん。
・『保険商品の豆知識』抹茶みるく 懐事情の会 東O58b
 同業者として。
・『Dramatic Masturbation 4』久地加夜子 phenyldruger
 諸事情により。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-15 21:55 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミックマーケット78終了
 このコミケをつくってくださっているスタッフの方々に感謝。ブースに来てくださった方々に感謝。ブースの前を通り抜け道に選んでくれた方々にも感謝。
 西瓜鯨油社にとって今回の夏コミ参加は記念すべきコミックマーケット初参加の回となった。ブースにいらしてくれた方はやはりコミティアや文学フリマで既にお会いした方が多くそれもありがたったのだけれど、「サークルカットを見て気になって」という方やサークルカットの「子宮なき高級娼婦」という言葉に魅かれて来たという方、「なんとなく通りかかったら」という方もいらっしゃり、新たな読者との出会いも数多くあった。そして西瓜糖文学賞応募者との出会いがあった。そこに、その出会いに、コミケに弊社がサークル参加した意味があったと述懐している。体中汗まみれになりながらブース越しにいろいろな方と話し合って、心地よい充実感と疲労感とにまみれた。充実感をもたらす要因は他にもある。新刊の『西瓜糖』、そして『コルキータ』第二版、『タロティスト』、『複雑系』あわせての売り上げが、コミケ終了直前の暫定的な数値で51冊となったのだ。コミケ初参加の創作文芸サークルの売り上げとしては、まずまずのものではないかと思っている。
 特に印象に残ったお客さんは、「サークルカットに危険なエロを感じたから」という友人の御遣いでブースに来て『コルキータ』を買ってくれた方だ。鯨はその言葉を聞いて、このサークルを立ち上げた頃の初心に帰らされた。自分が何のために物語を書いたのか、何を狙っていたのか、何でサークル活動をはじめたのか。そういった当初の志が彼の友人の言葉に集約されているような気がした。
 あとは母娘の2人組で、鯨が娘さんに名刺を渡したら、『コルキータ』を立ち読みしてくれて、ほぼ即決で『コルキータ』を購入してくれた方がいた。なぜ、その娘さん、中学生か高校生くらいの女の子に名刺を渡したかというと、彼女の体を包み込む雰囲気が、どこか西瓜鯨油社を覆う倦怠感と近いものがあるような、そんな直感があったからだ。是非、彼女には将来、いやすぐにでも西瓜鯨油社「第二の売り子」になってもらいたい。

 ブースに来られた方のなかには、売り子の浴衣姿に魅かれて立ち読みされた方もいることだろう。なかには浴衣に魅了されて、そのまま購入に踏み切った方もいるかもしれない。彼女にはコミケ当日の接客の他にも、『西瓜糖』の編集作業やブース設営準備など売り子としての職域を超越した多方面にわたり弊社のコミケ参加に対して多大な協力をもらったので、その働きを労いたい。彼女がいなければ、今回のコミケ参加で売上部数50部を達成することはなかっただろう。ありがとう。
 その他、戦利品などについては後日改めて記事にする。なにしろ、今日はとても疲れたのだ。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-15 18:30 | コミケ | Trackback | Comments(1)
コミックマーケット78
 夏休みの予定は決まりましたか?それとも夏休みを満喫していますか?西瓜鯨油社の牟礼鯨です。全国的に夏コミの季節になりました。8月15日(日)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット78に西瓜鯨油社は参加します。コミケ初参加です。

【配置場所】
 3日目東ピ11b
 コミケの昼休み、創作文芸・創作小説です。

【頒布物】
<新刊>
・『西瓜糖』154p
 西瓜糖文学賞応募作を収録。西瓜糖文学賞、中澤いづみ賞、佳作を発表!
 cf.) togetter 西瓜糖文学賞

<既刊>
・『複雑系』240p
 牟礼鯨による16の短編集。「エディポ」「喰われるナパパラ」などを収録。完売間近。
・『タロティスト』24p
 中澤いづみによる、タロットを題材にした物語。魅惑と幻想の都市へと読者を誘う。
・『コルキータ』172p
 牟礼鯨による、買った男が次々に死んでいく美少女娼婦の物語。初版100部完売により第二版。

【備考】
・「女子高生無料」女子高生は生徒証を提示すれば無料で一冊進呈します。
・「ツイッター割引」Twitterで夏コミ3日目当日に「西瓜鯨油社」「@murekujira」「#C78」と呟けば「フォロワー数の10の位を切捨てた数」×1円をツイ割します。
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・『掌編集』100部はとうの昔に完売いたしました。
・今回、無料配布本はありません。
・質問などがございましたらコメントや「barkituro◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-07 07:05 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミケ78参加
 西瓜鯨油社のコミックマーケット78への参加が決定した。夏コミである。コミケは初参加である。配置場所は
8月15日(日) 東地区ピ-11b
 新刊として西瓜糖文学賞の応募作を収録した本を出す予定。たぶん題名は『西瓜糖』となるだろう。もちろん新『コルキータ』や残部があれば『複雑系』なども並ぶ。楽しみにしていたまえ。

togetterまとめ-西瓜糖文学賞
[PR]
by suikageiju | 2010-06-07 18:45 | コミケ | Trackback | Comments(0)
C77
 何年かぶりにコミケに行ってきた。2日目だ。文芸平原は同人ソフト山脈とジャンプ(その他)丘に挟まれて、風通しが良かった。同人ソフト地区へ侵寇しようとしたら人肉の壁に阻まれて引き返さざるをえなかったのに、東2ホールのS列とT列の間、T列とU列の間は男2人が横に並んでも歩けた。コミケにおける文芸カテゴリの歩きやすさは評価していいと思う。そんな「コミケの昼休み」で鯨は「これはどういうサークルですか」と訊きまくる、失礼というよりも無礼、まさに牟礼な鯨として動き回り、以下の戦利品を獲得した。無礼なので敬称略。

『MOJIの群レ』三糸ひかり(Soberthe Qahille 東2 U18b)
 シュール!爆笑しながら読み、その才能に嫉妬した。分野が被っていないから、鯨はかろうじて筆を折ってはいない。同じ文学畑に植えつけられた者としてこのような本を入手できたことを喜ぶのと同時に恐怖を覚えた。「思うに、中央駅の外はメロンだろう」、滑稽さと同時に美しさを読者に提供する。

『冷やし少女始めました。』三糸ひかり(Soberthe Qahille 東2 U18b)
 少女を噛んで味わって食べたくなる。オムライスの「あきらめと、それでいてひそやかな不機嫌を隠そうともしないこの表情」は風味絶佳。

『Grands Magasins de la Petit Orgueilleuse』三糸ひかり(Soberthe Qahille 東2 U18b)

『楽園の小枝』三糸ひかり(Soberthe Qahille 東2 U18b)

『ヤンデレ健康法』(漢字中央警備システム 東2 T60a)
 こくまろさんのサークル

『娼婦たちの騎士』西紀貫之(AGJスタジオ 東2 T43b)
 こくまろさんに紹介された面白いサークル

『DIABOLOS GATE』水夜ちはる(Heat of cool 東2 T30a)
 こくまろさんに紹介されたアクションのサークル

『玉梓 vol.39 ワンダリングスター』(国士舘大学文芸同好会 東2 U06a)
 無料配布。

『玉梓 vol.39 ミッシングムーン』(国士舘大学文芸同好会 東2 U6a)
 無料配布。

『20,000,345M』田島葵(新嘲文庫 東2 T17a)
 「これはどういうサークルですか?」と尋ねたら親切に答えてくれたサークル。鯨は青春18切パーだったりする。

蔵書票(Mercurous Virgin 東2 T1a)
 幻想小説と聞いてやってきたら、蔵書票を売っていた。

『七魅堂夜話 文車』七魅堂隠居(七魅堂 東2 S53b)
 こういう本もいいんじゃないかと思い。

『富木綾のヴィーナスカフェ』あきらつかさ(亜細亜姉妹 東2 T30b)
 Heart of coolさんのお隣さん。『マブイグミの巫女』は中澤女史が購入。

『推理王国20号』(二松学舎大学推理小説研究会 東2 T06b)
 鯨が買ったのではない。鯨が立ち去ろうとしたら中澤女史が鯨の鞄の肩紐をつまんで引き止め、買った。

『萌黄』saki(door220 東2 U19a)
 ソベルテクァイユさんの隣でやっていた小箱本サークル。小"函"本や小"筥"本でないのが残念。「20代半ばの男性向けの本はありますか?」という無茶振りにsaki様が応えて教えてくれたのがこれ。
[PR]
by suikageiju | 2009-12-30 20:41 | コミケ | Trackback | Comments(2)