サークル閉鎖。
by 鯨
カテゴリ
文学フリマ
大阪
福岡
テキレボ・本の杜
タトホン
COMITIA
コミケ
古書ビビビ
俳句
雑記
弊社発行物
kindle
感想
掌編
翻訳
西瓜糖
朗読工
チュニジア旅行記
ラテンアメリカ文学
自己愛な人
情報カード
金沢文学フリマ
以前の記事
カテゴリ:kindle( 12 )
Amazonが『南武枝線』を販売停止にした件
 AmazonからKindle版『南武枝線』についてのお知らせメールが来ていた。この本を販売停止にしているという。『南武枝線』は7月15日につんどく速報で取り上げてもらって以降、売上げがのびていた電子書籍商品であった。メールの内容は以下の通りである。
f0208721_18443785.jpg

Amazon KDPをご利用いただき、ありがとうございます。
今回お知らせを差し上げたのは、読者からお客様の本に問題があると報告を受けたためです。
この問題は、弊社の販売基準に関わるため、お客様の本を一時的に販売停止とさせていただきました。
◇ テキストが欠落しているようです。問題箇所を以下に示します:
位置No.582 「・・・知恵が戻ってきたのだと僕は振り返り」の後
Kindle本の品質については、「Kindleコンテンツ・クオリティのガイド」(https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=200952510) をご参照ください。
コンテンツの修正が終了したら、修正後のコンテンツをKDP本棚の「本のアップロード」セクションからアップロードした後、「保存して出版」をクリックして本を再提出してください。
問題の修正が確認できましたら、本の販売を再開いたします。
その他、ご不明な点がある場合はこのメールに直接ご返信ください。
コンテンツの修正に関するご質問につきましては、お困りの点を具体的にメールに記載いただきますようお願い致します。


 なるほど、本当に販売停止されていた。
f0208721_1846356.jpg

 該当する「Kindleコンテンツ・クオリティのガイド」の文言はこれだろう。
コンテンツの欠落
コンテンツの欠落の問題とは、本に存在するはずの内容の一部が誤って削除されていたり、本に存在しない内容への参照が含まれていたりすることを指します。
深刻な問題
• 長い語句のテキストが欠落している
Kindleコンテンツ・クオリティのガイド」より


 「・・・知恵が戻ってきたのだと僕は振り返り」の後のテキストの欠落については書籍版を見ればわかるように意図的な空白である。この頁をめくると見開きの空白があり、その前後での名称の違いなどからその空白が単なる欠落ではないことが読み取れるようになっている。初版も他者の校閲を経た第二版もそうなっている。
f0208721_18525028.jpg

 Amazonは「読者からお客様の本に問題があると報告を受けたため」とあるので
(1) 読解力の不足している読者が指摘した。
(2) 読解力の不足している読者がもしかしてと思い指摘した。
(3) ちゃんと読解できたけれど指摘すれば販売停止になることを知っていたので敢えて指摘した。
など様々な可能性が考えられる。
 普段の同人誌即売会の範囲内では(1)(2)のような明白な読解力不足であっても感想やレビューで書かれるくらいなので不足部分を指摘すれば済むことである。しかし今回はそういうレベルで留まってはいない、明白な読解力不足により販売停止というディストピア的現象が発生している。これは芸術読解力により反動主義や革命主義を見抜いて出版禁止、のような20世紀的検閲とは事情がまったく異なっている。一番レベルの低いところに品質を合せるということだ。

 ただ、すべての読者がちゃんと読解できるという前提で物事を考えてはならない。文学フリマという限定された空間で販売していたときはある程度の読解力を担保できる。でもAmazonなどを使って販売するということはそういった何ら担保されていない読者の手にも著作が渡るということであり、そのために発生する反応をも覚悟するということである。もちろん文学フリマにおいても

 のように「誰でも読み取れるように記載を改善できる」と考えている暢気さと出会うこともあり、文学フリマであっても読解力は必ずしも担保されているわけではない。もちろん文学フリマ以外で高度な言語能力を持つ人と出会うこともある。そして人間としてみなすためにギリギリな言語能力しか持たない人と出会うこともある。
 文学フリマのような同人誌即売会程度の、相手が誰だか分かる範囲のことであれば「確かにそういう読み方もありますね」とか「お馬鹿ですね」とこちらが言ってしまえば済むこともある。今回の事例も牟礼鯨に訊けば一発で済むことだった。しかしAmazonなどを使い一定の範囲以上に展開してしまうと、そういうわけにはいかない。その一例として今回、牟礼鯨に質問はなく、いきなりAmazonへ指摘され、販売停止となった。でもその(悪意なき)読者を責めるわけにもいかないし、消費者優先をお題目に掲げているAmazonを責めても仕方がない。文芸や小説の水準としては限りなく低いレベルで仕事をしているだけだ。それが消費者優先ということである。たぶんメールでAmazonに「おばかんちん」と直接返信すれば済む話だろう。そして販売停止は解除される。
 だが、今回そんなことはしない。この電子書籍版『南武枝線』は販売停止のままにしておこうと思う。というのも『南武枝線』は紙の書籍もあるからだ。現在、下北沢の古書ビビビさんで委託販売している。そして今年9月14日の第二回文学フリマ大阪で販売する予定だ。大阪府堺市北区中百舌鳥の産業振興センターで待っている。

おまけ
[PR]
by suikageiju | 2014-08-04 18:47 | kindle | Trackback | Comments(2)
南武枝線
 第十五回文学フリマで新刊として頒布し、第十六回文学フリマで完売した痴漢・ストーカー小説『南武枝線』が電子書籍となってKindleストアにて刊行された。かつて貰った感想などはこちら
f0208721_2155385.jpg

 子供は自分の好きなモノを善とみなし、自分の嫌いなモノを悪とみなす。好嫌の境界と善悪の境界とが一致する度合いが低くなればなるほど、その人は大人になったと云えるだろう。この社会には、自分が好きなのに悪いことが存在して、そして自分が嫌いな善人もいる。自分が嫌いだからといってそれが悪いこととは限らないし、自分が好きだからといってその人が善い人かどうかは分からない。たったそれだけのことが分からない人もいるのだけれど、たったそれだけのことを認めたくない人の純粋さを、鯨は愛したいと思う。
 善悪の境界は、時代の移り変わりや人々の考えの展開によって徐々に変化していく。だからかつては悪い事象と見なされ犯罪とされていても、現代ではそんなに悪くない事象と見なされる例もある。たとえば重婚、自己堕胎、単純賭博、猥褻物頒布、麻薬所持、売春などの「被害者なき犯罪」は従来は犯罪だったけれど、今のこの時代では犯罪ではないものとみなしていこうと云う「非犯罪化」議論の対象となっている。善と悪の間に横たわる境界線はいつも揺らいでいる。このことを短く「善悪は相対的だ」と云う。釘打ちされて固定された絶対的な基準なんてなくて、善と悪の基準はいつも揺れ動いているからだ。
 相対的だから何が善で何が悪なのかについてはその度々に立ち止まって自分の頭で考えなければならない。今までの自分の考えに固執してはいけない、「誰かが言ったから」を理由に自分で考えることを諦めてはいけない、「それは犯罪だから」と考えを停止してもいけない。物語作家がひとつひとつの言葉の前で踏みとどまるように、君はひとつひとつの出来事の前で踏みとどまらなければならない。「悪いことは悪い」ではない、「悪いことはもしかしたら悪くないのかもしれない」。
 この小説『南武枝線』は痴漢やストーカーについて描かれている。痴漢やストーカーは今の時代では悪いこと、少なくとも気持ち悪いことと捉えられる場合の方が多いじゃないだろうか。でも、いつの時代かそれらは「非犯罪化」されて、芸術とか勇気とか人が持つことのできる心の最も美しい部分とか、そういった麗辞とともに語られる「善いこと」になるんじゃないかなと鯨は考えている。確信なんてないけれど、だって、それらは一生懸命に生きようとする人間が見せる一瞬の輝きなのだから。
 この本を読むことで、どうかみじめで報われなかったあなたの人生が輝きますように。

▼『ダイレクト文藝マガジン vol.11
 牟礼鯨の短篇「青姦する女子高生もやがて母」が巻頭に掲載されています。
[PR]
by suikageiju | 2013-05-18 11:29 | kindle | Trackback | Comments(0)
ダイレクト文藝マガジン Vol.011

ダイレクト文藝マガジン Vol.011 「初登場 清田いちる / 牟礼鯨」

鈴木 零生 / 焚書刊行会

牟礼鯨「青姦する女子高生もやがて母」収録


 縁あって牟礼鯨はkindleストア発の文芸誌『ダイレクト文藝マガジンvol.11』に短篇を書いて載せてもらえる機会を戴いた。寄稿したのは自伝的短篇「青姦する女子高生もやがて母」である。その他、Gizmode Japanの初代編集者・清田いちるさんや山本一郎切込隊長、北九州の山田佳江さんも寄稿している。ちなみにこの電子書籍、kindleを持っていなくてもiOS端末かAndroid端末にkindleアプリをダウンロードしていれば購読できる。
[PR]
by suikageiju | 2013-04-27 17:26 | kindle | Trackback | Comments(0)
Amazon Kindleの電子書籍と紙製書籍を関連づける
 秋葉原からつくばエクスプレスに乗ってはるか彼方、つくば市に荘厳な社屋を構える密林社が個人誌・同人誌界隈にもたらした構造革命は、密林社をこの界隈における一つの下部構造として定着させた。個人誌と同人誌をAmazon.co.jpに容易に陳列できるようになってから数年たち、Amazon KDPのサービス開始によって今度は容易に電子書籍をAmazon.co.jpに陳列できるようになった。紙製書籍と電子書籍をAmazon.co.joで陳列させたとき、ふと疑問に思うはずである。たとえば『A』という紙製書籍と同じ内容が書かれている『A』という電子書籍、この2冊を関連づけられないか、と。
 正直に言って今まで関連づけの必要性を感じていなかった。だが『コルキータ』(紙製書籍)の左下に「Kindle化リクエスト」のコラムがあるのが最近気になりはじめた。『コルキータ』(電子書籍)があるのにもかかわらず、「Kindle化リクエスト」の存在意義とは何だろうか? この2つを関連づけられないだろうか。
f0208721_18274512.jpg


 カスタマーサービスに連絡した。
f0208721_18361816.jpg

 【1お問い合わせの種類】を「その他」、【2お問い合わせ内容】を「商品について」「その他」、【3お問い合わせ方法】を「メール」で選択する。そして詳細入力では例えば以下のように入力してメール送信する。
コルキータ ASIN: B00A29NZ7O

コルキータ ASIN: B004FEDYHS
をKindle化したものです。関連づけをお願いします。

 すると数時間後こんなメールが返ってきた。
Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。
このたびはご連絡いただいた商品『コルキータ [Kindle版]』に『コルキータ[文庫本]』が関連づけされておらず、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。
この商品については、担当部署にて調査し、解決するように努めます。
その他ご不明な点がありましたら、いつでもご遠慮なくお問い合わせください。

 『コルキータ』(電子書籍)の画面に変化は無かったけれど『コルキータ』(紙製書籍)の画面には変化があった。上方には「Amazon Kindleでは、コルキータをはじめとする140万冊以上の本をご利用いただけます。」という文言が入り、左下には「1分以内にKindleでコルキータをお読みいただけます。」というコラムが入るようになった。
f0208721_18473864.jpg

 また検索画面でも関連づけられているのが分かる。
f0208721_18492882.jpg

 紙製書籍と電子書籍、まだそれぞれに一長一短がある。Amazonをうまく利用して、この2種類の書籍をうまく使い分けて行きたい。

追記(2013-02-12)
 『コルキータ』(電子書籍)の画面に変化があった。紙製書籍の価格からKindle価格になってどのくらい価格がoff されたかが分かるようになっている。ちなみに『コルキータ』は40%とのこと。
f0208721_8422327.jpg

[PR]
by suikageiju | 2013-02-11 18:56 | kindle | Trackback | Comments(0)
ガリア女(kindle版)
 かまやつひろしに「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」という歌がある。歌詞を読めばわかるんだけれど貧乏ったらしい歌だ。ゴロワーズというのはフランス煙草の名で、直訳すれば「ガリア女」であり、ガリアとはフランスの雅称だから、ゴロワーズは日本の大和撫子みたいな名である。ところで、ゴロワーズを愛飲している人といえば世間的には園子温だけれど、なぜか鯨は園監督よりも先に綾瀬眞知佳という作家を連想するようになってしまった。綾瀬眞知佳が喫煙する風景は本当にサマになるので時々盗撮している。もう写真集でもつくれるほど写真がたまってしまった。
 さて、『ガリア女』(kindle版)を刊行した。かつて、ミソジニー中毒文学と呼ばれた紙版の『ガリア女』と同じく掌篇短編を七編収録しているけれど、構成が少し変わっている。紙版にはあった「お逮夜」を省いて「バスの来ないバス停留所」を新しく入れている。

ガリア女

牟礼鯨 / 西瓜鯨油社


倦む日々にふと思う
 「こんなことがあったら、いいのにな」
  を冷凍保存した現代七篇。

◆収録七篇の内容紹介。

「ある日、女が車に轢かれました」
 朝の横断歩道で轢死した女、偶然出逢った轢死女の最期の恋人になろうと願った男。一瞬の出逢いと別れを描く、道路交通喜劇。

「市民プールの人魚」
 市民プールに人魚を求めたわけじゃない。人魚が夢で、人妻が現だっただけ。一人で泳ぐことを許されない時代に、たった一つの泳法をかたくなに守り続けた男の戦記。

「自転車売春」
 四十がらみの女は巧みなペダルさばきで自転車を押し倒し、娘の躰を売りさばく。脚を崩した女児の膝がもぎたての蜜柑のように輝き、「結婚」と称された自転車稼業は法の網目をくぐりぬけていく。

「不老不死」
 ミソジニーの主題は不老不死を否定する。自らを死ぬ生き物だと覚悟した時に、人はミソジニーに変わる。では五百年もの間、死と対面し続けた男はどんなミソジニーを奏でるのだろうか。

「性病とその根絶」
 泌尿器科で診察を待つ男の脳裏によぎるのは、彼氏とのデートの待ち合わせ時間で自室に連れ込んだ女子高生との爛れるような関係。物語の全てを女医が持っていく掌編。

「神経膠腫」
 文化祭で出会うのは保護者や先輩だけではない。先輩は女を連れてきて、後輩は勃起する。別の先輩は大学を中退したとの情報も入る。すると先輩の女は寝盗らざるをえず、大学を中退した先輩は観察しに行かざるをえない。老年期を生きる男子高校生のとある視点。

「バスの来ないバス停留所」
 経路から見放されたために、決してバスの来ないバス停留所で何かを待っている老人達と「私」の心の交流、そして「私」と看護婦の躯の交流を描く閉じられた一篇。

◆感想
- 第13回文学フリマ読書感想「ガリア女」
- 【第13回文学フリマ感想5】ガリア女/牟礼鯨
- ガリア女
- ガリア女



ガリア女

牟礼鯨 / 西瓜鯨油社


[PR]
by suikageiju | 2013-02-11 07:41 | kindle | Trackback | Comments(0)
『兼業作家入門 作家として働くための15のアイデア』(kindle版)
 西瓜鯨油社、14冊目のKindle対応電子書籍が竟に刊行! みんなも知っている、あのイベント、あのお店、あのサークル、あの企画、あの人、あのサイトが勝手に載っていたり、勝手にリンクされているかも? 時々誹謗中傷もあるかな。

兼業作家入門 作家として働くための15のアイデア
f0208721_8573252.jpg


知られざる、創作文芸の世界

文学フリマにサークル参加したい
福岡ポエイチでブースを出したい
本の杜に恐い物見たさで出たい

そんな兼業作家志望者のための優しくない入門書が
Amazon Kindleストアにて発売開始!
創作文芸サークル、文章系同人、必携の書

iOS端末ならApp Storeで、Android端末ならPlayストアでKindleアプリをダウンロードすれば購読可能。

兼業作家入門 作家として働くための15のアイデア

牟礼鯨 / 西瓜鯨油社


[PR]
by suikageiju | 2013-01-29 12:33 | kindle | Trackback | Comments(2)
このダイレクト出版がすごい!2013
 下北沢の本屋B&Bで昨日19時半より開催された「このダイレクト出版がすごい!2013」に参加してきた。牟礼鯨は『コルキータ』をキンドる速報で2回くらい取り上げられただけだけど、別の創作スタイルを週1回くらいはとりあげてもらっているので行くほかなかったのだ。仕事をひけるのが少し早く、18時55分に下北沢駅南口歩いてすぐのお店に着いてしまったらスタッフさんに入場は19時からとしめだされる。フライングしてゲットしたものは特になく、店の前にある雑誌棚でAKB48関連の記事を読んで19時に入店した。
f0208721_0152734.jpg

 19時35分からイベントがはじまった。まずはスクリーンに向かって一番左に座った佐々木大輔さんが「ブログ=パーソナルパブリッシング、その延長としてのダイレクト出版」として北陸地区セブン-イレブン開店情報(福井・石川・富山)スコアボードが気になるんだ!といったブログを紹介したあと、スクリーンに向かって一番右に座ったzonさんの話がはじまった。
f0208721_0155323.jpg

 zonさんはイベント開始前から段ボールを被っていたのだけれど、話がはじまると段ボールを脱いで普通のイケメン編集者(やはり編集者さんだった)に戻った。zonさんのサイトきんどるどうでしょうは1日に2000pvがあり、1日でkindle本を40冊売っているという。今の上がり調子なら2ヶ月でzonさんがそれだけで食えるようになるかもとのこと。それからzonさんがおすすめする10冊の紹介を聴く。蚕糸行政の本とかニコ生主の落とし方とか宇宙エレベーターの本とか、こんなkindle本もあるのかと勉強になった。それから内容紹介文が酷いkindle本も紹介されていて、普段はソフトな印象が強いzonさんだったけれど、実際のところは毒舌家だった。無料キャンペーンを巧く使ってアピールしていこうと思った。
 次は右から二番目に座っていたbooklogとpubooの大西さんである。「ダイレクト出版=KDP?」という問題提起から、縦スクロール漫画や更新し続ける本といったネットで読める本ならではの特徴をあげてpubooをプッシュされていた。ちなみにpubooの本の1割はバーチャルアートらしい。pubooからのゆるやかな撤退戦を続けている鯨は大西さんと目を合せられなかった。「ダイレクト出版は書き手の解放」であると云う。KDPだけがダイレクト出版だけじゃないという視点に立てば、KDPの拡大によってpubooにも可能性は見えてくる。pubooがんばれ。
 次は真ん中に座っていたカンザキ女史である。ソフマップは関係ない。女性ならではの目線から赤木司さんや『最高のデザート、194最高のレシピ』や『関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改』を紹介されていた。
 最後は左から二番目に座っていた変電社の持田泰さんである。国立国会図書館の近代デジタルライブラリー慶應義塾図書館デジタルギャラリーといった電子古書の紹介のあとで、2012年のベストセラーへ関連電子古書を被せる芸や、アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ボグダーノフ『赤い星』やアレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ『技師ガーリン』といったソ連SFの翻訳電子古書の紹介をしてこれがとにかく会場を沸かせた。ボグダーノフが不老不死の実現のために輸血実験で死んだ逸話とか、映画予告編のような口調で紹介された『技師ガーリン』の粗筋とか相当錬られてこの場に挑んだなという裏舞台が垣間見えそうな発表だった。白眉である。変電社は文学フリマへの進出も考えているとのこと。楽しみだ。
 ダイレクト出版だけではなく電子古書にも話は及んだので、さながらこの電子書籍がすごいといった風情であったけれど、もっと今よりも過激にダイレクト出版したくなったイベントだった。でも、このイベントがすごかった、それだけで終わったらそれだけのイベントになってしまう。このイベントから更に「すごい」ダイレクト出版物が出てこそこのイベントの存在意義が輝くのだ。
[PR]
by suikageiju | 2013-01-29 00:16 | kindle | Trackback | Comments(1)
Kindle本、最新版への一斉更新ダウンロードをお勧めする
 西瓜鯨油社から出しているKindle本がとうとう13冊になった。その一覧は「この電子書籍がすごい」で見ていただくとして、いずれも最初に発行した版から文字化けした表外漢字の訂正や表紙画像のマイナーチェンジや助詞の補記など細かい改訂を一通り行った。ということで近日中にお手持ちのKindle内にある弊社刊行の全kindle本を一斉更新ダウンロードすることをお勧めする。時間は1分もかからないので。一部しか購入していない方は一斉更新が出来ないので全13冊の購入をまずお勧めしておく。全13冊で1687円、これを365日で割ると約4円60銭となる。1日あたり5円未満だ。といっても購入したばかりなら更新の必要はないけれど。

【一斉更新の手順】(所要時間1分以内)
①「Amazon.co.jp カスタマーサービスに連絡」にアクセス
②「1 お問い合わせの種類を選択してください 」で「Kindle」を選択し、使っている端末を撰ぶ。(ここではKindle Paperwhiteを撰ぶ。)
f0208721_2281784.jpg


③「2 お問い合わせ内容を選択してください (選択いただいた内容にあわせて、適切な部署からご案内させていただきます)」でそれぞれのプルダウンメニューから
 ・「お問い合わせ内容」
  →「Kindelコンテンツ」
 ・「詳細内容」
  →「Kindelコンテンツの管理、転送」
 ・「さらに詳細を選択してください」
  →「購入したコンテンツをダウンロードできない」
を選択する。
f0208721_22143597.jpg


④「3 お問い合わせ方法を選択してください」で「Eメールで問い合わせ」のボタンを選択。
f0208721_22182092.jpg


⑤「詳細を入力してください」のテキストエリアに下記の文面をコピー&ペーストで貼り付ける。そしてメール送信をする。
コルキータ ASIN: B00A29NZ7O
物語匣 ASIN: B00AVKL2OC
エディポ ASIN: B00A1QFKRG
鳥籠と揺籠 ASIN: B00A40YJCG
浄められた花嫁の告白 ASIN: B00A5RUI5A
ペレイッラとカカオの森 ASIN: B00A5Q6SDC
それだけは言わないで ASIN: B00A5RGMW8
死に逝く者が貴殿に挨拶を ASIN: B00A1QFLAW
一つの愛とその他の狂気について ASIN: B00A1QFMHY
偽バスタールによる教団史 ASIN: B00ALGQ16A
タロティスト ASIN: B00AUVKTKK
未完成 ASIN: B00ARMLA8M
破瓜祭 ASIN: B00B03LL2C

以前に上記のKindle本を購入しました。
最新の版を再ダウンロードしたいです。

新しいバージョンにアップデートすると、現在保存しているハイライト、ブックマーク、メモおよび読み終えた最後のページ番号が削除されることを、わたしは十分に理解しており、それらを了解したうえで、最新版のダウンロードを申請します。

 文面は忌川タツヤさんの内容が増補・更新された最新版のKindle本を再ダウンロードする方法を参考にさせていただいた。
f0208721_22223634.jpg


 以上で手順完了である。日や時間帯によって異なるだろうけれど最短で数十分から1時間弱、最長でも12時間でKindleホーム画面に更新された本の表紙がダウンロードされるはずだ。これで一斉更新の手順は完了である。

 あと誤字脱字っぽい表現を見つけたら漏れなく鯨に教えて欲しい。(語義を曖昧にするために誤字脱字っぽくしてある表現は除く)訂正する必要がある場合はこちらで訂正し、また一斉更新をお知らせする。


【参考文献】
内容が増補・更新された最新版のKindle本を再ダウンロードする方法 - 忌川タツヤのKindleは友達さ!
[PR]
by suikageiju | 2013-01-14 11:49 | kindle | Trackback | Comments(0)
物語匣
 謹賀新年。はじまったばかりの2013年だけれど、書籍が紙製であるという前提は最早無くなっている。書籍が羊皮紙を示すこともあれば木の板や竹を指すこともあるような、書籍の形態が多様であった紀元前後千年紀に時代は逆戻りしつつある。そんな時代で書籍の創り手は、電子書籍を読み手に覚悟を強いらない書籍として、また紙製書籍を読み手に覚悟を強いる書籍として両者を明確に区別して世に送り出すようになるだろう。
 このたび『物語匣』という電子書籍をKindleストアで刊行した。2008年から2012年までに書いた30篇の掌編を束ねて掌編集としたものだ。

物語匣

牟礼鯨 / 西瓜鯨油社


 かつて『物語群』という紙製書籍を出したことがある。568頁の厚みもさることながら、価格も1000円と創作文芸誌としてはやや値段が張る本である。おまけに「表紙が良いからと買ってくれる人はいるかもしれないけれど、そんな読者は求めていない」というスタンスで作ったので表紙は余り冴えない。

物語群

牟礼 鯨 / 密林社


 もしこの『物語群』が読者に本棚のスペースを空けさせかつ出費を強いて表紙ではなく収録された83篇の内容だけに注視させるような、読み手に覚悟を強いる紙製書籍だとすれば、その『物語群』から30篇を撰び価格も299円と比較的安価で表紙も鮮やかな『物語匣』は読み手に覚悟を強いらない、コンビニ感覚で買える電子書籍と言える。
 『物語群』の前で立ちすくみ膝をガクガクさせてしまって覚悟を決められなかった人は『物語匣』という選択肢もあるよ。
[PR]
by suikageiju | 2013-01-01 23:29 | kindle | Trackback | Comments(0)
Kindle Paperwhite、紙製書籍から電子書籍へ
 明日のコミックマーケット83では新刊も無いしみんな帰郷しちゃったし多分暇だろうなと思っていたら2013年1月6日に届くはずだったKindle Paperwhiteが自宅に届いていた。「在庫あり」となっているし多分増産したのだろう。これは冬コミの良い暇つぶしになる。さっそく起動して日本語に設定、時刻を9時間進めてTwitterアカウントを設定し、何冊か電子書籍をAmazon kindleストアで購入してみた。
f0208721_22181892.jpg

電子書籍と対照をなしている言葉は今のところ紙製書籍であろう。書籍の「書」は「ふで」を意味し「籍」の部首は竹冠である。「書籍」そのものは紙製であることを示さない。ゆえに電子書籍が普及し始めた今では従来の書籍を紙製書籍と呼ぶのである。我々21世紀人が電子書籍と言いはじめるときウルクの書記官やエジプトの神権政治、そしてペルガモン王エウメネス2世や蔡倫について思わざるをえない。あるいは人類における書記の歴史を。
f0208721_22425916.png

上はホーム画面である。E-inkは想像していたよりも落ち着きがある。頁をめくる度に文字が白抜きになったりするのが昭和の味わいで好ましい。
f0208721_223618.png

上はFactotum, Charles Bukowskiの冒頭部分である。新品で買うと1575円もする洋書も電子書籍なら824円で購入することもできる。意味が分からない単語は長押しすると『プログレッシブ英和中辞典(4版)』を引いてくれるので英語の勉強にもなる。受験生の長文読解にもお勧めだ。
f0208721_22435076.png

上は拙著『コルキータ』の冒頭部分である。紙製書籍と比較して読むときに少し目の周囲の筋肉が力むのを感じてしまうのは、まだ鯨の肉体が電子書籍に慣れていないからだろうか。慣れてくれば諸賢のようにすらすらと違和感なく読めるようになるかもしれない。

電子書籍で読むのは小説ばかりではない、中には漫画だけ読む人もいるらしい。使い方はこれから開拓していきたい。なんでも電子書籍の一文を蛍光ペンで塗ったようにハイライトできる他、その一文をTwitterなどで共有(シェア)できるようだ。
f0208721_1030527.jpg

紙製書籍を片手に開きながらポチポチとキーを叩いて文を引用する時代はもう終りを告げようとしている。これで鯨も書籍史の奔流に飲み込まれたということになる。それは電子書籍を読みこなしていくことを意味し、同時に肉体の変容をも意味する。
[PR]
by suikageiju | 2012-12-28 22:53 | kindle | Trackback | Comments(0)