<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ル・クレジオ「フィクションという探求」
 東京大学本郷キャンパス法文2号館で行われたノーベル賞受賞作家ル・クレジオの講演会を聴きに行った。最初は整理券が青色だったので二番大教室でテレビ映像か、と思ったら立ち見で一番大教室に移動になり生ル・クレジオを見ることができた。以下は講演メモ。
f0208721_20431323.jpg 講演は少し遅れて15時15分ごろから。まずは日本の印象について語った後、育った土地ニースとの矛盾した関係について。地中海世界について語るということは、純粋性への追求ではなく文化の混交についてへのもの。古代ギリシャ、ローマ、ゲルマン、アラブ、イスラーム、トルコ、イギリスなどさまざまな文化の混ざり合ったものとしての地中海文化。同じような文化圏はインド洋にもカリブ海にも日本海にもある。
 次に二重帰属と殖民地のことについて。ル・クレジオの家族は、モーリシャリスで繁栄を誇ったル・クレジオ一族から追放された移民であり、ニースでは彼の家は「閉じ込められた泡」のなかで暮らしていた。面白い表現だ。ル・クレジオ一家が行ったモロッコ旅行でのバスでの一コマやアルジェリア戦争後の病院の撤退の2つが記憶に残る物語だった。モーリシャリスに残ったル・クレジオ一族はその国の独立により世界に離散する。これを彼は「幸運なディアスポラ」と呼んでいた。
 「書くことは断定することではなく、自分への問いかけ」というのが興味深い。ウォーレ・ショインカの作家の仕事への言及「治療薬を提供するかわりに頭痛を提供する」の引用、「作家は解決をもたらさないが、頭痛のタネを持ち出す」「悪の迷宮を解決できる鍵を持っていない」「作家は道徳家ではない、書く以外の仕事はしない」おもしろいな。道徳、教訓を垂れるのが文学ではない。「自分の記憶、他人の記憶をよみがえさせ、幻想を現出させる」それが作家の仕事だ。
 文学形式については省略。
 「野菜の美しさ」という言葉がいい。戦争や歴史や大事件を語ることではなく、日々の生活や料理のレシピについて語るということを集約した言葉。「地上的生存の小さなエピソード」とも。これは私にとっても重大なことだ。第九回文学フリマの新刊原稿を中澤女史に下読みしてもらったところ「後半が死んでいる」と冷酷にも評されたところが戦争部分であり、慌てて書き直さざるをえなかった。男性は歴史の教科書も楽しめるが、女性の視点はそうではない。男女で関心が違うのだ。女性の視点で「野菜の美しさ」を中心に描いていくことを今のところ、私の責務としている。
 そして面白かったのが「作家は意識的に書いていない、無意識に書いている。明確な計画があって書いているわけではない」という言葉。納得できる。意識的な作家は個人的な読者しか獲得できないだろう。断絶と連続についても面白い。一人の作家の別の作品も同世代の別の作家の作品も違う時代の作家の作品も、すべて断絶はなく、連続しているという話。「すべての作家は一冊の共通の本を書いているのだ」これはまさしく世界図書館ではないか。
 そのあとは詩情について。アンリ・ミショーやロートレ・アモン、ランボー。小説に詩情をどうこめるかに気をつけているノーベル賞作家の姿勢に自分の姿が重なった。「ときには断念することもある」そうだよな。
 最後の議題は、映画、日本映画の「雨月物語」について。最初に出会った芸術映画だと。その映画が実存主義や現象学とあいまって、外部を描く表現に影響を与えたとのこと。茅ヶ崎館の怪談。
 最後に質問に答えて終わり。おじさんが発した2012年への質問は意図的に翻訳者が割愛。難しいことを書くためだけに難しく書くビザンツ主義的文体は避けようという、地中海的表現でしめくくる。終わったのは17時過ぎになった。
 特に得るものは無かったが、多くのことを内から引き出された。いつか私も東大で、ソルボンヌで語れる日が来るように努力せねば。
[PR]
by suikageiju | 2009-11-29 20:41 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
谷川俊太郎さんと詩情
 2009年11月25日分朝日新聞朝刊のオピニオンは詩人谷川俊太郎さんの記事、「漫画にコスプレに薄く広がった詩情 金や権力なじまぬ」と題されて日本の詩情について意見されている。谷川俊太郎さんは横浜エスペラント大会の際に朗読をじかに聴いたことがある。いくつか気になった言葉を抜粋する。
・『詩』には二つの意味がある詩作品そのものと、ポエジー、詩情を指す場合です。
・詩情はどんな人の中にも生まれたり消えたりしている。(鯨:音楽とか絵画とか舞踏とか写真とか映像とか舞踏とか演劇とか、詩情を感じえるか否かで作品の良し悪しが分かれる)
・『スラムダンク』にも詩情はあるのではないでしょうか。(鯨:涼宮ハルヒやAKB48にもある)
・詩は人々をむすぶものであるはずなのに、個性、自己表現を追及して、新しいことをやっているという自己満足が詩人を孤立させていった。(鯨:自分が感じた詩情を他人にどうことばで伝えるかに眼目をおかない詩に未来はない)
・高度資本主義が芸術を変質させている。
・詩人も作家も美術家も好きか嫌いか、売れているか売れていないかで決まる。タレントと変わらなくなっています。(鯨:辺境日本人よ、もっと自分の批評力に自信を持とうぜ)
・秩序を守ろうと働く散文と違い、詩はことばを使っているのに、ことばを超えた混沌にかかわる。
・圧倒的に金銭に頼らなくちゃいけなくなっていますからね。お金を稼ぐ能力がある人はいいけれど、おれは貧乏してもいい詩を書くぞ、みたいなことがみんなの前で言えなくなっている。それを価値として認める合意がないから『詩』よりも『詩的なもの』で満足してしまう。(鯨:貨幣を万物の尺度とするアリストテレス的な価値観、資本主義。一方で、貨幣を悪鋳して貨幣価値を嘲弄したディオゲネス的な価値観、狂ったソクラテス)
・ブログが単なる自分の心情のハケ口になっているとしたら、詩の裾野にはなりえないでしょう。(鯨:ネット上で“恋する気持ち”や“どす黒い私”を謳った女性の詩形式を見つけるなぁ。詩じゃなくて詩形式。誰かに聴いて欲しいんだろうな。でも聴かせるには技芸が必要になってくる。そう考えると歌というのは一つの立派な技芸)
・ことばがデジタル的に割り切れるものになっているような。詩はもっともアナログ的な、アナロジー(類推)とか比喩とかで成り立っているものですからね。
・詩ではことばの音、声、手触り、調べ、そういうものが重要です。
・詩情は探すものではなくて、突然、襲われるようなものだと思うんです。
・これからの詩はむしろ、金銭に絶対換算されないぞ、ってことを強みにしないとダメだ、みたいに開き直ってみたくなる。

[PR]
by suikageiju | 2009-11-25 09:50 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
狙われたキツネ

狙われたキツネ 新装版

ヘルタ・ミュラー / 三修社


 共産主義国家、あるいは社会主義国家の生活を描いた小説が好きだ。それは一種のファンタジー小説だと思うからである。もちろん日本人にとって社会主義はまぎれもない現実だったが、それでも崩壊したベルリンの壁の向こう側に異世界が広がっていたという史実は、人間の創造力をかきたてる。小学校のときの社会の授業で何度も「もうこのソビエト連邦という国はありません」と言われたときの私の感覚もそれに近い。
 ヘルタ・ミュラーのノーベル文学賞受賞はベルリンの壁崩壊20周年の今年でなければありえなかったかもしれない。
 子供たちの手にある「いぼ」や「人生との関係はうまくいっていますか」という深い挨拶、ポンコツの戦車、工場の様子、アネクドートなど瞼の裏に焼き付けておくべき表現が並ぶ。ファンタジー小説の楽しみ方は、現実に生きる世界との違いを楽しむのに尽きる。この本にはそのお楽しみの具がつまっている。
 では、印象深い一文を抜粋して終わりにする。
「わたしはあなたたちをわが子のように愛してきたのですよ」と独裁者の妻がブラウン管のなかから部屋に向かって語りかけていた。

[PR]
by suikageiju | 2009-11-24 21:13 | 感想 | Trackback | Comments(0)
憧れの先輩
 僕は部長に怒られている。なぜ怒られているのか、それは分からない。態度がどうのこうの、言葉遣いがどうのこうのと言っているけれど、怒鳴っているから言葉がはっきりしないのだ。それに部長の怒鳴り声とフロアの雑音とが混ざり合う。部長の声に意識を集中しようとするけれど、うまくいかない。僕はどうもこれが苦手だ。聴くべき音も聴かなくていい音もすべて同じように聴こえてしまう。虫眼鏡のように聴きたい音に焦点を合わせられればいいのに。みんなはどうやって聴くべき音を聴いているのだろうか。先輩は、どうやっていますか?

続く
[PR]
by suikageiju | 2009-11-24 19:09 | 掌編 | Trackback | Comments(0)
第九回文学フリマCM
 第九回文学フリマに向けたスペース番号「G-12」のCMです。前半が西瓜鯨油社、後半が Lumièreの紹介となっています。音が出ます。新刊の十九世紀海外文学風高級娼婦小説『コルキータ』の紹介があります。新刊ではありませんが『一つの愛とその他の狂気について』は文学フリマ初出です。

[PR]
by suikageiju | 2009-11-23 10:05 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
第九回文学フリマ単独版CM
 とりあえず、第九回文学フリマに向けた西瓜鯨油社単独のCMです。コピーをひたすら考えて貼っただけです。音が出ます。


コピー集
[PR]
by suikageiju | 2009-11-22 21:46 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
第九回文学フリマ紹介
 12月6日(日)に文学フリマが開催されます。詳細はチラシをご覧下さい。
f0208721_2124717.jpg


 西瓜鯨油社は「G-12」にスペースをもらいました。島端と言えば島端です。同じ十字路に憲法9条ちゃんのノンポリ天皇さんや大学読書人大賞と縁のある関東文芸サークル連盟さん、コミケなどにも参加しているnonagramさんといった強豪がいる。
f0208721_21243885.jpg

[PR]
by suikageiju | 2009-11-19 21:32 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
期待の新人
 部長が新人の橘君をまた怒鳴りつけている。橘君はどこか抜けたところのある、気のきかない新人君で、金額をしっかり確かめもしないで領収書をお客さんに送付したことがある。仕事にいい加減な態度で臨む、今時の男の子という奴だ。私は彼の世話役だからちょっと大変。それにしても部長はひどい怒りよう。いったい、橘君は何をしでかしたというのだろう。まあ、何をしても不思議ではないな、彼の場合。今、部長は椅子から立ち上がり、橘君のネクタイをつかんでいる。でも橘君は背が高いから、もう四十代後半白髪混じりの部長でも橘君の前に立つと、子供のように見えてなんだか滑稽だな。

続く
[PR]
by suikageiju | 2009-11-19 09:48 | 掌編 | Trackback | Comments(0)
COMITIA90報告
f0208721_1018580.jpg

 ブースに来ていただいた方、『南瓜鯨油』をもらってくれた方、弊社の本を買っていただいた方、みなさん、ありがとうございます。PIXIVや戦国×三国志のイベント、就活イベントも同時に東京ビッグサイトであって、賑わったコミティアになりましたね。弊社は売り子である中澤女史の活躍もあり、2冊の既刊が前回よりも売り上げを伸ばしました。

 今回、頂いたり購入したりした本です。特徴としては、全部文芸ジャンルだった、といったところでしょうか。(敬称略)

『或る跳びはねた熱帯魚の場合』鳥久保咲人(Lumière む11b)

『Cogito, ergo, sum』鳥久保咲人(Lumière む11b)
 「大人になること」をテーマにした作品。飼い猫の正体を知ったとき、全身の皮膚に戦慄が走る。安定した文章力を持つ稀有な存在。

『白い彼女と僕』鳥久保咲人(Lumière む11b)

『背負う彷徨』鳥久保咲人(Lumière む11b)

『棺のクロエ1 棺と少年』義忠on物語工房小説清野堂 め08a)

『棺のクロエ1 超高度漂流』義忠on物語工房小説清野堂 め08a)

『突発性×××症候群』 広海ゆう (水羊書房 め09a)

『ミモザの花が咲く頃に -後編-』弦伎(ツムギウタ め10a)

『青い目のこねこ』北西彩(NorthWest航空 め07b)

『草原の彼方のシャングリ・ラ』北西彩(NorthWest航空 め07b)

 あと、猫洞通り文芸部さんからペーパーを頂きました。掌編が載っています。このサークルは第九回文学フリマに参加されるそうです。

「放課後、図書室で。」雪村燈子(猫洞通り文芸部
 甘酸っぱい小品。果物で言えばイチゴ。ドラゴンフルーツみたいな作品しか今のところ書いていない私にはうらやましい限りです。人間への安定した信頼感が伝わります。

 それでは、またお会いしましょう。
[PR]
by suikageiju | 2009-11-15 21:34 | COMITIA | Trackback | Comments(0)
COMITIA90
 西瓜鯨油社(すいかげいゆしゃ)の牟礼 鯨(むれくじら)です。11月15日(日)開催のコミティア90にサークル参加します。コミティアへの参加は今回で2回目です。他には第八回文学フリマに参加したことがあります。

「COMITIA90 西瓜鯨油社」広告番組(音が出ます)


【配置場所】
 め08b「西瓜鯨油社」(西1ホール)

【頒布物】
<新刊>
南瓜鯨油(無料、20頁、100部)
 内容は第九回文学フリマの新刊紹介や中澤いづみ女史の掌編「13」、「蜜柑色の少女」冒頭部など。スペースの人間に声をかけてください。無料でお渡しします。

<既刊>
一つの愛とその他の狂気について(200円、44頁)
 「カラヱイ少年は十三歳で死ぬまで、ありとあらゆる玩具を手に入れた」
 気だるい熱気で熟んだ東方殖民地における、祭司と少年の秘められた愛の物語。(敢えてジャンルを決めろと言われれば、創作JUNE系耽美小説でしょうか。もちろん男性も楽しめます。)

『掌編集』(500円、282頁)
 50余編の掌編集。「完全なる書物」を求めて彷徨徘徊する人々の帰結はこの本にある。

  *既刊2冊あわせて600円(100円割引)です。

【備考】
・今回は主に中澤いづみ女史に売り子をお願いしています。鯨もたまにいます。
・今回の新刊は無料本です。気軽に声をかけてください。在庫がなくなった場合はごめんなさい。
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・質問などがございましたらコメントや「barkituro◎gmail.com」(◎→@)まで。
「破瓜祭」企画、募集中です。
[PR]
by suikageiju | 2009-11-14 15:07 | COMITIA | Trackback | Comments(0)