<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
こみっくトレジャー16
 9月5日(日)インテックス大阪の4号館と5号館で開催されるこみっくトレジャー16こと「こみトレ16」に西瓜鯨油社は参加する。関西開催の同人誌即売会に参加するのは2回目となる。「絵が描けないから文芸」ではない、「文芸でなければならないから文芸」である西瓜鯨油社の底力を刮目して見よ。


【配置場所】
 5号館 J-13a

【頒布物】
<頒布物>
・『コルキータ』172p
 「コルキータを買った男は四十日で死んだ」、性に飢えた男たちを呪い殺す、高級美少女娼婦の物語。初版百部完売により第二版。

f0208721_19131340.jpg


【備考】
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・『掌編集』『タロティスト』はとうの昔に完売いたしました。
・今回、無料配布本がある予定です。
・質問などがございましたらコメントや「barkituro◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-31 05:13 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
コミティア93感想
 コミティア関係者、サークル参加の方、一般参加の方、お疲れ様。コミケの2週間後という、人の集まらない時期に開催されたコミティアだったけれど、会場はなかなかの賑わいを見せていた。また、空調もよく効いており、蒸し風呂のようなコミケの悪夢がこびりついている身からすると極楽のような8月コミティアだった。

 西瓜鯨油社の売り上げは芳しくなかった。新刊がない、持って行った本はコミケと同じ、という点を差し引いても、前回コミティアの売り上げの半分以下にまで頒布数が落ち込んだのはショックだった。それでも、見本誌コーナーで弊社の本を見て来てくれた方、twitterで鯨のツイートを見てくれた方がブースに来てくれたので、新しい出会いが何件かあったのは嬉しかった。それと、コミティア92で新刊として出した『複雑系』がとうとう全百冊、売り切れとなった。これで『掌編集』『コルキータ』に続き、3つめの西瓜鯨油社主力商品が売り切れとなる。読者のみなさんに感謝である。
 そういえば、西瓜鯨油社は文芸島に挟まれた通路に面していたためか通行人は足早に去っていき、立ち読みしてくれる方が以前のコミティアよりも少なくなったように見受けられた。この傾向は文芸サークルだけの傾向なのかは分からないけれど、一般参加者にはあらゆる創作物に目を配る余裕を、サークル参加者の一人として要求したい。
 それではまた会う日まで。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-29 22:45 | COMITIA | Trackback | Comments(0)
COMITIA93
 コミケに参加された方はお疲れ様でした。コミケの2週間後はもう8月コミティアです。2週間ゆっくりと休んで8月29日に、懲りずにまた東京ビッグサイトへ遊びに来てください。コミティアは創作同人誌の即売会です。


【配置場所】
 け11b

【頒布物】
<既刊>
・『西瓜糖』154p
 西瓜糖文学賞応募作を収録。西瓜糖文学賞、中澤いづみ賞、佳作を発表。残部少数のため販売をお断りするかもしれません。一般用に10部は確保しています。
 cf.) togetter 西瓜糖文学賞
・『複雑系』240p
 牟礼鯨による16の短編集。「エディポ」「喰われるナパパラ」などを収録。完売間近。残部1冊。
・『コルキータ』172p
 牟礼鯨による、買った男が次々に死んでいく美少女娼婦の物語。初版100部完売により第二版。

【備考】
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・『掌編集』『タロティスト』は完売いたしました。
・今回、無料配布本はありません。
・質問などがございましたらコメントや「barkituro◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-17 06:35 | COMITIA | Trackback | Comments(0)
コミケ78戦利品一覧
 コミックマーケット78、夏コミ3日目の戦利品をあげてみる。戦利品の数はコミケにしてはなかなかに少ないけれど、午前中に遠征、戻ってから怒濤の3時間断続的接客、暑さで脱力状態、という流れだったので探索に出る余力がなかったんだよ。

f0208721_6312849.jpg


・『フォロソフィア 第三号』Kevtaro他 フォロソフィア 東へ15b
 噛み応えがありそう。
・『補遺』Kevtaro他 フォロソフィア 東へ15b
 ふわふわ時間のロシア語訳、ヒンドゥー語訳、サンスクリット訳とか!
・『かえりみち』田島葵 新嘲文庫 東フ15a
 女子高生遣いのレッテルを貼ってしまった。
・『エッちゃん』田島葵 新嘲文庫 東フ15a
・『魔女の巣』osi7 二ヶ屋 東フ34a
 西瓜鯨油社の文庫サイズ同人誌を真似たという文庫サイズの可愛同人誌。
・『進化論の妄想 生命発生の疑問』シンキロウ 暗黒通信団 東P24a
 ……。
・『自然対数の底1000000桁表』シンキロウ 暗黒通信団 東P24a
 ……。
・『THE IMPRINT ハノの魔法の杖』真乃晴花 Natural maker 東プ18b
 ちっちゃくて美人。
・『うそつきさがし』日野裕太郎 下町飲酒会 駄文支部 東フ56b
 ここの装丁はいつもいいね。
・『歯車』kaiko 蛇の骨ひとり 東ピ10b
 赤備えの確率が高い。
・『辻の精霊』kaiko 蛇の骨ひとり 東ピ10b
・『ねこまの月読み』まにゃ ねこま 東ピ12a
 お隣さん。
・『保険商品の豆知識』抹茶みるく 懐事情の会 東O58b
 同業者として。
・『Dramatic Masturbation 4』久地加夜子 phenyldruger
 諸事情により。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-15 21:55 | コミケ | Trackback | Comments(0)
コミックマーケット78終了
 このコミケをつくってくださっているスタッフの方々に感謝。ブースに来てくださった方々に感謝。ブースの前を通り抜け道に選んでくれた方々にも感謝。
 西瓜鯨油社にとって今回の夏コミ参加は記念すべきコミックマーケット初参加の回となった。ブースにいらしてくれた方はやはりコミティアや文学フリマで既にお会いした方が多くそれもありがたったのだけれど、「サークルカットを見て気になって」という方やサークルカットの「子宮なき高級娼婦」という言葉に魅かれて来たという方、「なんとなく通りかかったら」という方もいらっしゃり、新たな読者との出会いも数多くあった。そして西瓜糖文学賞応募者との出会いがあった。そこに、その出会いに、コミケに弊社がサークル参加した意味があったと述懐している。体中汗まみれになりながらブース越しにいろいろな方と話し合って、心地よい充実感と疲労感とにまみれた。充実感をもたらす要因は他にもある。新刊の『西瓜糖』、そして『コルキータ』第二版、『タロティスト』、『複雑系』あわせての売り上げが、コミケ終了直前の暫定的な数値で51冊となったのだ。コミケ初参加の創作文芸サークルの売り上げとしては、まずまずのものではないかと思っている。
 特に印象に残ったお客さんは、「サークルカットに危険なエロを感じたから」という友人の御遣いでブースに来て『コルキータ』を買ってくれた方だ。鯨はその言葉を聞いて、このサークルを立ち上げた頃の初心に帰らされた。自分が何のために物語を書いたのか、何を狙っていたのか、何でサークル活動をはじめたのか。そういった当初の志が彼の友人の言葉に集約されているような気がした。
 あとは母娘の2人組で、鯨が娘さんに名刺を渡したら、『コルキータ』を立ち読みしてくれて、ほぼ即決で『コルキータ』を購入してくれた方がいた。なぜ、その娘さん、中学生か高校生くらいの女の子に名刺を渡したかというと、彼女の体を包み込む雰囲気が、どこか西瓜鯨油社を覆う倦怠感と近いものがあるような、そんな直感があったからだ。是非、彼女には将来、いやすぐにでも西瓜鯨油社「第二の売り子」になってもらいたい。

 ブースに来られた方のなかには、売り子の浴衣姿に魅かれて立ち読みされた方もいることだろう。なかには浴衣に魅了されて、そのまま購入に踏み切った方もいるかもしれない。彼女にはコミケ当日の接客の他にも、『西瓜糖』の編集作業やブース設営準備など売り子としての職域を超越した多方面にわたり弊社のコミケ参加に対して多大な協力をもらったので、その働きを労いたい。彼女がいなければ、今回のコミケ参加で売上部数50部を達成することはなかっただろう。ありがとう。
 その他、戦利品などについては後日改めて記事にする。なにしろ、今日はとても疲れたのだ。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-15 18:30 | コミケ | Trackback | Comments(1)
コミックマーケット78
 夏休みの予定は決まりましたか?それとも夏休みを満喫していますか?西瓜鯨油社の牟礼鯨です。全国的に夏コミの季節になりました。8月15日(日)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット78に西瓜鯨油社は参加します。コミケ初参加です。

【配置場所】
 3日目東ピ11b
 コミケの昼休み、創作文芸・創作小説です。

【頒布物】
<新刊>
・『西瓜糖』154p
 西瓜糖文学賞応募作を収録。西瓜糖文学賞、中澤いづみ賞、佳作を発表!
 cf.) togetter 西瓜糖文学賞

<既刊>
・『複雑系』240p
 牟礼鯨による16の短編集。「エディポ」「喰われるナパパラ」などを収録。完売間近。
・『タロティスト』24p
 中澤いづみによる、タロットを題材にした物語。魅惑と幻想の都市へと読者を誘う。
・『コルキータ』172p
 牟礼鯨による、買った男が次々に死んでいく美少女娼婦の物語。初版100部完売により第二版。

【備考】
・「女子高生無料」女子高生は生徒証を提示すれば無料で一冊進呈します。
・「ツイッター割引」Twitterで夏コミ3日目当日に「西瓜鯨油社」「@murekujira」「#C78」と呟けば「フォロワー数の10の位を切捨てた数」×1円をツイ割します。
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・『掌編集』100部はとうの昔に完売いたしました。
・今回、無料配布本はありません。
・質問などがございましたらコメントや「barkituro◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-07 07:05 | コミケ | Trackback | Comments(0)
こみトレ16
 9月5日(日)インテックス大阪の4号館、5号館で開催されるこみっくトレジャー16に西瓜鯨油社は参加することが決定した。注目のスペース番号は
5号館 J-13a
である。新刊予定とかはあまりないけれど何か出せたらいいと思う。無料配布本になるかもしれない。
[PR]
by suikageiju | 2010-08-05 18:26 | 大阪 | Trackback | Comments(0)