<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
活動無期限休止
 関係者にはすでに通知してあったのですが、西瓜鯨油社は2011年6月12日の文学フリマ参加を最後に活動を無期限休止します。では、牟礼鯨はどうなるか、というと変わらずに「牟礼鯨」を続けていきます。「牟礼鯨」の活動とは何でしょうか? 皆さんの目に見えているのは物語作家としての文学活動をしている鯨だけ、なのかもしれません。つまり『掌編集』を皮切りに『一つの愛とその他の狂気について』、『タロティスト』、『西瓜糖』、『複雑系』や『物語群』、それに3種の『コルキータ』を出版し、西瓜糖文学賞を企画し、同人誌即売会に参加して呼び込みをしていた鯨です。しかしそれは「牟礼鯨」の一つの位相に過ぎません。そもそも最初の鯨はしがないmixiユーザーであり、それからは活動的なエスペランティストであり、ある時期は一日に1000アクセスがあれば「今日はよく来たね」と思う程度の大学生ブロガーであり、またある時は超短編小説会の荒らし、でした。
 つまり、牟礼鯨にとって文学活動、文芸同人活動は活動の一部分、一手段です。「に過ぎません」と言ってもいいのですが、余り敵をつくりたくない性格なので皮肉混じりに自制しました。それでは、「牟礼鯨」の総体としての活動はどこを目指していたのか?それは一言で言ってしまえば「鯨的人間の復権」です。鯨的人間は社会の片隅でみじめに生きています。今日も鯨は職場で「鯨くんはFさんに糊のつけ方が似ているね」「鯨くんを見ているといつも思うんだけど、Fさんと似ているよね」などと言われました。ここでからかわれたのは鯨ではありません。Fさんです。Fさんはいつでも、職場の誰からでもからかわれていたり、バカにされていたりする方です。こういう方は実に多いです。彼らを鯨は半ば自嘲をこめて鯨的人間と呼んでいます。融通のきかない人間、論理的に正しい道を歩んでいるが時々人倫を踏みにじる人間、原則を自ら紡ぐことのできる人間、ときどきストーカーにも間違えられて警察を呼ばれる程度の純粋な人間、これらはみんな鯨的人間です。鯨は文学という器物を通して、鯨的人間の思考方法、鯨的人間の様式、鯨的人間の文化を非鯨文化圏の方々に理解してもらおうという意図をこめて創作してきました。文学してきました。鯨作品は、だからこそ、皆さんに公平な立ち位置を与えるためにファンタジー世界を舞台にしていたのです。つまりあの世界では立ち位置が逆転していました。あの世界では鯨的人間が主人公であり、人口の過半は鯨的人間であり、非鯨人は亜人でしかなかったのです。ただ、鯨には自信がありません。皆さんが鯨作品を通して鯨的人間のことを十分に理解したのか、どうか。たぶん、鯨的人間は鯨作品の意図には気づいたでしょう。では非鯨人は? すぐには答えも結果も出ないでしょう。この、同して和せずの日本社会における鯨的人間の復権にはあと百年や二百年はかかるかもれません。でも鯨はあきらめません。ひたすらに、ひたむきに、この日本列島が、そして世界地図が鯨色に染まるまで、牟礼鯨活動を続けていきます。
 ですから、また、どこかで会いましょう。いや、きっとどこかで会うでしょう。30歳になったらひょっこり文学フリマに参加しているかもしれません。ネット上で名前を見かけるかもしれません。また下北沢の古書ビビビ様には在庫がある限り本を置かせてもらいますし、密林社様の協力により『コルキータ』もamazon上で販売し続けます。牟礼鯨を知らない方はそこで鯨を知りますし、そこで鯨を知った方とそれ以前から鯨を知っていた人が出会うかもしれません。もう気づいておられることと思いますが、牟礼鯨は遍在しているのです。
[PR]
by suikageiju | 2011-02-21 21:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
COMITIA95
 2月13日(日)に東京ビッグサイトで開催されるCOMITIA95拡大に西瓜鯨油社は、またもや懲りずに参加する。


【配置場所】
 へ28b

【頒布物】
<新刊>
『コルキータ』 174頁(2頁分だけ加筆!)
  「コルキータを買った男は四十日で死んだ」 子宮を奪われ、呪いを身にまとう美少女娼婦コルキータをめぐる、男たちの戦記。娼婦幻想譚。初版と第二版完売により、霜月みつか先生デザインによる新装第三版

『物語群』 500頁
  『掌編集』と『複雑系』の完売後、待望の掌編・短編集。『コルキータ』の物語世界で、zugzwangな登場人物たちが織り成す73篇の物語群。すでに残部僅少(五本の指が余るくらい)

【備考】
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・今回、無料配布本はありません。
・今回を最後に、コミティアは暫くお休みしたいです。
・質問などがございましたらコメントや「murekujira◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2011-02-11 21:55 | COMITIA | Trackback | Comments(0)