<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今後の文傾への期待
 2011年7月30日、文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」が開催された。このイベントはこの路線のままでいくのであれば「西の文学フリマ」とはなりえない。ゆえに第二回を開催して欲しいと思っているし、年一回でもいいので続けて欲しいと考えている。
 この文傾について開催以前から指摘されていた問題は、同人誌即売会の完成形ともいえるコミケやコミティアのような要綱や集客行為がほとんどなかったことだ。責任の所在が不明確で、ブースがどんな形で与えられるか告示されず、コンプライアンスの提示がなかった。そして、開催告示の記事以外に不特定の一般参加者を募るような活動が乏しかった。ではこれらは本当に文傾に必要だったのか?
 飛鷹隼さんとの会話や彼のtwitterでのつぶやきを見て学んだことは、大阪では過去に学生さんなどが杜撰な同人誌即売会運営をして、学生であることを理由に責任放棄し、その会場で同人誌即売会を開催できなくなったりしたことがあったということ。もしこの文傾で何か問題が発生した場合、杜撰な運営によって事態を収拾できなければ他の関西での同人誌即売会の開催に影響が出る怖れがあるとのこと等である。確かに文傾の運営は杜撰だった。開催告示以降直前まで情報が増えなかったので、柏木さんにメールしたりして情報を得る必要があった。そのメールのやりとりではじめて各サークルに机と椅子が与えられることを知ったくらいだった。また、前日の夜になるまで参加サークル数がどのくらいになるかわからなかったし、事前にサークル参加証も送付されてこなかったので偽西瓜鯨油社がなりすましでブースを設営してしまう可能性もあった。従来の同人誌即売会が成立するのに必要な条件がほとんど揃っていなかった。なので、文傾がはじまるまで鯨は「どんなことになってしまうんだろう」という不安とワクワク感があった。それは他のサークルの方々も同じだったと思う。ただ不安とワクワク感の配合比率は各人の思考方法や幼年期からの習慣に因っていただろう。鯨は1:9だった。
 また柏木さんやラガーマンさんなどと話して主催者側の意見を聞くことができた。それは文傾をなるべく従来の同人誌即売会からなるべく遠ざけようとしていること。素人がやっているという感じを出すこと。そして、とりあえずこの文傾で大阪にかかわりのある文藝同人が顔合わせしてくれればいいというものだった。もちろんそれらの意見がただの言葉だけであったのならそれまでだったろう。だが主催者には文藝同人を尊重し彼らと積極的に関わろうとする意思と行動があった。彼らの意見を聞いて「従来の同人誌即売会」のありようを頭の片隅のどこかで文傾に期待していた自分が恥ずかしくなった。そして、それならば「従来の同人誌即売会」に必要なものが文傾に欠けている理由も理解できたし、同人誌即売会と謳ったのも「従来の同人誌即売会」に参加しているサークルを対象にしているのだから頷ける。そして味園ビル、その中のなんば紅鶴という会場はこのイベントに相応しい会場だった。
 コミケやコミティア、そして文学フリマのような運営のしっかりしている同人誌即売会は必要である。しかし、鯨はこれらに満足しているわけではない。学校じゃないのに何お行儀良くしているんだという不満がある。今回、この文傾で、そうではない同人誌即売会の雛形をみたような気がする。もし今後「従来の同人誌即売会」の類似品としての文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」が大阪でできていったとしたら、それは参加する価値のないものになるだろう。どうか「従来の同人誌即売会」の勢力を受け入れたとしても乗っ取られないようにして欲しい。そして今のまま拡大していってほしい。文傾にはサークルリストもいらないし要綱もいらない。サークル参加証でさえいらない。文傾に必要なものはただひとつ、1ダースの筆力ある文藝同人作家だけだ。集客力は彼らについてやって来る。

2011/7/31 高槻市ワークホテル6階の一室にて
[PR]
by suikageiju | 2011-07-31 22:16 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
文傾報告
 大阪の千日前味園ビルで開催された文傾に西瓜鯨油社は参加した。前日夜に新宿駅新南口を夜行バスで出発し、早朝に蝉時雨の湊町バスターミナルに到着。難波のネットカフェと黒門市場にあったUCCカフェプラザでお昼まで時間を潰す。事前に受け取った案内メールに、11時にサークル搬入開始で12時から一般入場開始と書いてあったので、茨木市からやってきた朝戸紺氏と日本橋駅中南改札口で11時40分に落ち合い、出口5から出て、徒歩で味園ビルへ向かう。最初に味園ビルの南東の入口から入り二階に昇るが行き止まり、地下に降りると何やらキャバレーホールのようなところで数人が設置準備をしていたので「ここは違う」と館外に出る。次に北東の入口から入ろうとするが配線工事をしていて「危ないから」と技師に進入を止められる。最後に南西にあったスロープから入ると「会員制クラブ エミ」の向かいにホワイトボードが立てかけてあって、赤字で「文傾コチラ」と矢印が書いてある。(あんまりだ)と思いつつ、矢印の先にあるなんば紅鶴に入る。そこが文傾の会場であった。参加サークルは13で、そこにすべておさまってしまう。なんば白鯨は使用せず、デジタルカフェは休憩談話室になるとのことだ。あとで聞いたのだが、なんば紅鶴は鯨の予想通りもともとフィリピンパブやキャバレーとして使われた空間だった。ブースの準備をしているうちにラガーマンの宣言により正午、文傾が開始された。
f0208721_2328312.jpg

 鯨が東京から持って行った『コルキータ』は7冊売れた。『Los ojos』は20冊ほどを配布した。最初に『コルキータ』を買って下さったのは一人の少女だった。これは「文傾」の読み方も来るまではわからなかったしnovelistのことも知らなかった方で、『コルキータ』を少し立ち読みされ「ひかれるものがありました」とこれを買ってくださった。もうこれで文傾は成功したと鯨は確信した。なにしろ「文傾」の読み方もわからない少女がこのパブ崩れの空間にやってきて、子宮を奪われた娼婦の物語を買ったのだ。この他の『コルキータ』購入者は参加者の青鼠さん、和服姿の伊織さん、novelistを運営している会社の吉岡真夏さん、編集プロダクションを目指す眼鏡男子、そして柏木弘康さん、そして西瓜鯨油社を手伝ってくれた朝戸紺さんである。
f0208721_23374732.jpg


 青鼠さんから購入した『変われないままで』は文芸社の原稿用紙に印字された性遍歴小説で、「なるべき者になれない男は多い」という言葉が胸に刺さった。参加者の水無月せんりさんからはフリーペーパーの『風流風雅 創刊号』をいただいた。参加者の泉由良さんから手渡された『plannning-to-plant』は会場で読んでいて泣きそうになった。泉由良は策士である。その策士から『zakuro, and so on』もいただいた。寝る前に一篇ずつ読む。あと伊織さんの『étoile et gemme』、朝戸紺さんの『黄昏寵』、澤倉修治さんの『一緒にくらそ』、そして柏木さんの『チンポニカ学習帳 オナニー帳』をいただいた。最後の一冊で鯨が生きた証を後世に残したい。あと桜井夕也さんが書いた『SINNER [deadstock]』を伊織さんのブースで購入した。
 このイベントのブース料金は1500円、一人あたりのドリンク代は500円である。事務費をおさえた結果だ。イベント内では注文すれば獅子唐と牛肉のカレーも注文できた。また、鯨は大阪の創作文芸の方々や柏木さん、吉岡さん、ラガーマンと会話できた。柏木さんはあまり本は読まないと言っていたのだが『Los ojos』を読んでもらったところ「おもしろかったです」と感想をいただけて『コルキータ』を購入してもらったことが、一つの殊勲である。なぜなら、今の鯨が目指すのはブコウスキーのように普段本を読まない人が読んでおもしろいと思う物語を書くことだからだ。確かに文傾の一般入場者数は20人に満たなかったかもしれないけれど、鯨は味園ビルに入れたし、新たな読者に出会えて、この文傾に参加した目的を果たした。第二回文傾もしくはそれに類するイベントがあれば参加したい。
f0208721_23381492.jpg

[PR]
by suikageiju | 2011-07-30 23:53 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」
 西瓜鯨油社の牟礼鯨である。7月30日(土)12時開催、千日前味園ビルで開催される文章系限定同人誌即売会「文傾~あやか~」に活動休止中の西瓜鯨油社が参加する。

【参加場所】
 配置番号とかは特に無いけれど参加場所はなんば紅鶴となった。西瓜鯨油社の牟礼鯨だから場所はなんば白鯨かなとなんとなく思っていたけれど、そんな野趣は通用しなかったようだ。

【頒布物】
<新刊>
『Los ojos』(ロス・オホス、無料配布本)
 詳細はココ。太田和彦、霜月みつか、そして牟礼鯨の関東勢三人による「眼球」合同本。目ん玉ひんむく掌編を6篇収録。

<既刊>
『コルキータ』(500円)
 「コルキータを買った男は四十日で死んだ」、 初恋の罪によって子宮を奪われた美少女娼婦コルキータは呪いを身にまとっていた。この美少女と出会い、初恋の感染症のために狂気へと、戦場へと追いやられる青年ダオ。官能言語による魔術的叙事詩、新装第三版。刊行後、関東と関西の同人誌即売会で計200冊以上売り上げた人気作。表紙は下。
f0208721_21323163.jpg



【備考】
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれくじら」と読みます。
・西瓜鯨油社は文学結社です。ランダムな言葉の配置を才能とはき違えた詩もどきや、登場人物の異常さを過度に強調するライトノベルなどは取り扱っておりません。ただ「牟礼鯨さんの作品の特徴は、ここに文章があって物語があるのは当然だ、ていうようなある種傲慢にもとれるような存在感だと思う」と書かれてあるように、自分の矜恃を大事にされる方は遠ざけた方が無難です。
・質問などがございましたらコメントや「murekujira◎gmail.com」(◎→@)まで。
[PR]
by suikageiju | 2011-07-26 21:56 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
もしも大阪の文章オンリー同人誌即売会「文傾 ~あやか~」で『コルキータ』が10冊売れたら
 7月30日(土)、大阪の千日前味園ビルで開催される文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」に、活動休止中の西瓜鯨油社は参戦する。西瓜鯨油社はご存じの通り、東京の文学結社である。東京から何も知らずにノコノコ大阪へやってきた西瓜鯨油社がこの「文傾~あやか~」に参加して本を売る以外に何ができるのかを考えた。まず、帰京後にこの文傾という同人誌即売会がどういうイベントであったのかを東京で語り伝えることができる。もちろん、それだけではないだろう。鯨は金曜日の仕事上がりに高速バスで大阪に向かい、土曜日の文傾に参加する。では帰りはどうするというのだ。青春18切符で平凡に帰るのか、それとも同じ高速バスに乗って愚の骨頂と文芸諸子から嗤われるのか。そうではないだろう、と鯨は考えた。そうだ、文傾が終わったら歩いて東京に帰ろう、そう決めたのだ。
 しかし最初は鯨も「もし『コルキータ』が5冊売れたら東京へ歩いて帰ろう」とか「もし『コルキータ』が10冊売れたら東京へ歩いて帰ろう」などと甘ったれたことを考えていた。鯨はなんという人間のクズだろう。大阪の人たちを莫迦にしていると言われても何も口答えできない。なぜなら、それは大阪の人たちの人間性を試す行為だからだ。大阪の人が『コルキータ』を買わないかもしれないという可能性を期待していると疑われてもまったく反論できない。そこで考えを下のように改めた。

 ・もし『コルキータ』が0~4冊売れたら→愛知県・静岡県経由で帰る。
 ・もし『コルキータ』が5~9冊売れたら→岐阜県・長野県・山梨県経由で帰る。
 ・もし『コルキータ』が10冊売れたら→東海自然歩道で帰る。
 
 娼婦幻想譚『コルキータ』の他にも西瓜鯨油社は無料配布本『Los ojos』を持って行く。あと非常招集した助っ人もよろしく。旅立つ前に、文傾で会おう。
[PR]
by suikageiju | 2011-07-25 20:34 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
文傾~あやか~、無料配布本「Los ojos」企画文
 この本の題名「Los ojos!」は、映画「ミツバチのささやき」における少女アナの台詞からとった。先生の質問に、イザベルの助言で「Los ojos!」と答えたアナ。その回答により、アナは教室の前に置かれた人体模型ドン・ホセに両眼をつける。作業が終わった後、先生は言う、「これで目が見えるようになりました」。物言わぬ人体模型ドン・ホセは、いったい何が見えるようになったというのだろう? それはアナの瞳が映すものと同じなのか? アナがこの映画の次に出演した映画「カラスの飼育」の原題はスペイン語の諺「Cría cuervos y te sacarán los ojos」(カラスを育て、目をくり抜かれる)に由来する。アナが出演した二つの映画を貫く主題は、少女の〈目=視線〉への畏怖である。
 ホルヘ・ルイス・ボルヘスはブエノスアイレス国立図書館長に任命されたとき、すでに失明していたという。「私に書物と闇を同時に給うた」(野谷文昭訳)。ボルヘスは演出として盲目となることを望んだわけではない。ただ遺伝と読書の結果として、彼の眼球がそうなったのである。人間は見えぬことよりも見えることを望むものだ。しかし人によってはこの世界に見たくないものがあって、自らの両目を潰す者がいる。オイディプス王である。彼は自らを罰するために両目を潰し、自らを追放した。「幸いから見放されたわしは、すべてこれらのものを目にする権利を、みずからより奪い去った」(藤沢令夫訳)また、映画「ベティ・ブルー」で自分を失いつつあったベティは自らの眼球を潰した。生きている実感が欲しかったのだろうか。損傷すれば、光を失う結果を伴うだろう器官である眼球。自罰のための道具として、そして物語に悲劇性を与える装置として、これに勝るものはない。
 かつて、自分の眼球を潰したくて潰したくてしかたなかった男が、自分のブログの名称にエスペラントで「眼球」を意味する単語を与える。男はブログの記事を書くことで関心の対象をずらしていき、その眼球破損の衝動を和らげていった。今ではその衝動から解放された男が、東京の作家陣に声をかけ、眼球を主題にした本を出す。もし、この本を読んであなたの目が保たれるのならば、その男は嬉しいだろう。もし、あなたがこの本を読んで自らの目を潰したのであれば、それでもまた、その男は喜ぶだろう。
 ただ、あなたの眼球について、その男の両手は血にまみれていない。
[PR]
by suikageiju | 2011-07-21 21:22 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
文傾での無料配布本『Los ojos』
 7月30日(土)、千日前味園ビルで開催される文章オンリー同人誌即売会「文傾~あやか~」に、活動休止中の西瓜鯨油社は参戦する。日頃より地方同人誌即売会での文章系サークルの数の少なさを危惧していた鯨は、「大阪」で「文章系オンリー」と聞いていてもたってもいられなくなったのだ。そこでただ参戦するだけでなく、何か大阪の文芸同人さんたちへ、応援の意味もこめて手土産を持って行くことはできないだろうかと思案し、関東の文芸同人である1103号室の霜月みつか嬢、笑半紙の太田和彦氏から原稿をもらって、眼球本『Los ojos』(ロス・オホス)を無料配布することにした。
f0208721_20524026.jpg


 『Los ojos』とはカスティーリャ語で両目を意味する言葉で、映画「ミツバチのささやき」における少女アナの台詞からとった。『Los ojos』は眼球本である。しかしこれを「眼球」についての本だと思ってもらわないほうがいい。確かにこれは眼球について書いてある。先端恐怖症について書いてあるし、失明の不安について書いてあるし、自分で自分の眼球を潰したくなる衝動について書いてある。だが、これは文章の本だ。テーマはあるが読むべき文章のない本は多いが、この本には幸運なことに文章が書いてある。そういう本だと思ってくれればいい。
 あと西瓜鯨油社は『コルキータ』第三版を持って行く。『コルキータ』は関西コミティアでレビューをいただいた。しかし、だからと言って「西瓜鯨油社」あるいは「牟礼鯨」が、近畿地方である程度の知名度があると思って文傾に参加したら、鯨はドツボにはまるだろう。関西の同人誌即売会には魔物が潜んでいるのを鯨は知っている。いや、敢えて極端に言うなれば、関西の同人誌即売会には魔物しか棲んでいない。
f0208721_20415050.jpg

 関西のみなさん、大阪のみなさん。ご自分が言葉で表現することに不安を覚えるときのために無料冊子『Los ojos』をもらっておいたらいいし、『コルキータ』を買ってくれたらいい。きっとそれらを読んで君はまだまだ自分は書くことは大丈夫だと安心するだろう。それ以外の目的で読書は必要なんだろうか。
 あと、当日、西瓜鯨油社のテリトリーに特別な助っ人さんが来てくれる。これも楽しみにしておいて欲しい。
[PR]
by suikageiju | 2011-07-20 20:49 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
第18回東京国際ブックフェア
 活動休止中の西瓜鯨油社の看板を背負い、東京ビッグサイトで開催している東京国際ブックフェアに、鯨は参加した。角川書店などが不参加表明しておいて、きちんと角川グループで参加している、あの東京国際ブックフェアである。ちなみにこのイベントに参加したのは今回がはじめてだ。
f0208721_1838937.jpg


 無料招待券をネットで頼んだときに「会社名:西瓜鯨油社」で登録したので、「出版社 publisher」というネームカードを提げて会場をまわるはめになってしまった。確かに西瓜鯨油社は、高品質な出版物を市場に出している出版社だけれど、年間400冊も売っていないし、一般書店からの注文も受け付けていない単なる文章系同人、されど不屈の文藝同人だ。鯨は文藝同人もこの東京国際ブックフェアという正規出版の場で他の出版社と同じように同人誌を販売できたら楽しいなと考えている。今回、次回出展のための資料を送付してくれるようにスタッフさんに頼んだ。費用の都合がつくようなら、数人の文藝同人共同で「文芸同人」ブースを申請し、東京国際ブックフェアにブースで本を売ろうぜ!
 会場には国書刊行会さんや青幻舎さんなど国内の出版社ブースや印刷会社のブース、電子書籍のブースなどがあった。曲がりなりにも「出版社」のネームカードを提げていたので出版社の営業マンに声をかけられ山のようなチラシを渡されたり、200万円もする動画入り電子書籍作成ソフトのプレゼンを受けたり、ちょっとした困惑体験もできた。あとは海外のブースが楽しかった。今年のテーマ国は「スペイン」ということでスペインの大きめなブースもあり、講演もあったけれど、賑わっていたのは去年のテーマ国であるサウジアラビアである。詩の朗読をしたり、アラブ美男によるお茶やお菓子の提供があった。さすが金満大国である。そしてみんな日本語を話せる。
f0208721_1993220.jpg


 アラビア語圏で文学といえばエジプトがメッカ(この用法ではあまり使いたくない比喩だ)だけれど、エジプトよりもサウジアラビアのほうが売り込みに熱心なような気がした。そしてそんなサウジアタビアと対照的なのが中国ブースである。本が一切なく、陳列棚だけが虚ろに並んでいる。中華人民共和国には、もしかして出版社や目録はあるけれど、実際の書籍は存在しないのではないのだろうか。そんなことを思わせる風景だった。
f0208721_19221417.jpg


 あと、普段より、フィンランド国民の文学に対する姿勢とフィンランド政府の図書館と文学への惜しみない支援には憧憬している。

 それと精神科医として受験界で論陣を張る和田秀樹氏の講演を聴いた。教育の場で、良い読書と悪い読書を区別しない。頭が良いというのは知識が多いことでなく、知識をうまく加工できること。作業の機械化が進むことで(頭の外にある)情報を尊ぶ社会から(頭の中にある)知識を重視する社会へ変わりつつある。テレビがもたらすのは単純な二分割思考、その一方で読書がもたらすのはグレーゾーンの存在を認めることができる「そうかもしれないね」と思えるような思考。といった趣旨の話をしていた。とりわけ精神科医である和田氏の認知能力について知見から読書について述べていた部分がおもしろかった。黒か白かという二分割思考をしてしまう人は精神病・神経症に罹りやすい。そういう人が読書をして、グレーな部分があってもいいんじゃないかと思えるようになることで、そういった精神病・神経症が和らぐこともあると言っていた。それも、読書の効能であろう。読書は認知的成熟度を高めてくれる。それは価値観の多様さを知ることであり、何があっても感情の平静さを保てるアパテイアを得るための道だ。
[PR]
by suikageiju | 2011-07-09 19:59 | 雑記 | Trackback | Comments(2)