<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
文学フリマと人類存亡
 人類の最後の個体がたとえ一秒であってもより長く生存できるようにする事象に「善」の価値を見いだす。人類の最後の個体がたとえ一秒であってもより短くしか生存できないようにする事象に「悪」の価値を見いだす。これが鯨の掲げる唯一の絶対真理である。そもそもこの地球上に人類が生存する必要はない。恐竜とかゴキブリとか他の生命でも良かったはずだ。それは地球という規模で考えたからそうなるのであって、人類という規模で考えた場合、人類が一秒でも長く生存する必要が出てくる。「その必要がある」とでもしないと生きることに徒労感だけが残るからだ。この絶対真理を掲げたがために鯨は日常生活に起こりうるすべての事象に対して相対主義の態度をとらざるをえなくなった。

 かつてナチスという人間集団がヨーロッパ大陸に住むユダヤという人間集団を全滅させようとした。これは一般に「悪」とされる。でも本当にそうだったのだろうか。ナチスの計画は途半ばで終わったが、もしその計画が完遂されれば人類は今の世界よりも一秒でも長く生きながらえたかも知れないし、もしその計画がそもそも存在しなかったのであれば2011年を迎えずに人類が滅亡していたかもしれない。これは別にユダヤ人が人類を滅ぼそうとしているだとか、鯨の前世がアウシュビッツ強制収容所でガス死したユダヤ人少女だとか、そういうことを言っているわけではない。絶対真理を掲げたが故の相対主義の苦悩について述べたのである。ある事象がその人間集団(家、民族、国)の存亡にとって「善」か「悪」かはその人間集団の規模によって異なるし、「善」か「悪」かは歴史という振り返りの視点でしか判断しえない。そして人類にとっての「善」か「悪」かは誰も判断しえない、少なくとも人類自身には判断しえない。

 人類の存続に影響を及ぼす事象の範囲はあらゆる学問とあらゆる思想とあらゆる技術とあらゆる営みである。フェミニズムという思想がある。鯨が大学の西洋哲学史の講義ではじめてこの思想の存在を知ったとき、「不老不死の人間のための思想だな」と思った。今、鯨がフェミニズムを肯定するためには、以下に述べる2つの条件のうちのどちらかが成立しなければならない。1つ目は不老不死の人間が生まれていること。2つ目は異性生殖以外の方法で異性生殖よりも繁殖力と生命力のある個体を生み出す生殖方法があること。だが、これは鯨が繁殖こそが人類にとって「善」だと盲信しているからで、もし繁殖を否定することが人類から食糧不足の可能性を排除し人類を3世紀だけ長く存続させるのであるのならば鯨は誤謬を犯していることになる。

 文学も人類の存続に影響を及ぼすだろう。たとえばヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは『若きウェルテルの悩み』を著わした。この著作を読んで自殺した若者のうちの一人が生き延びていたら、もしかしたら人類を3分間だけ長く生存させるための給水技術を開発していたかもしれない。同じように、2011年11月3日東京流通センターで文学フリマが開催されるが、そこのウ-36で頒布されている『ガリア女』を買ったことである男がある女に子供を産ませるかもしれない。そしてもしかしたら、その子供が45歳になったときに人類を5時間長く生存させる給餌技術を開発するかもしれない。文学が人類の存続に及ぼす影響はきっとそのような間接的なものであろう。もし『ガリア女』をその男が買わなかったことで、その子供が産まれず人類の存続が5時間短くなったとしたら、鯨はインドカレーなんて食べている場合じゃなかった、もっとあの男に押し売れば良かったと後悔する。きっとする。しかし時すでに遅し、鯨は妻夫木聡君ぶりの悪人面で灯台から海を眺めるしかない。

 文学フリマは人類の存亡を左右する。どのブースで売られている本も人類の存続時間を数秒単位から数年単位、あるいは数世紀単位で変動させる可能性がある。だからこそどのブースで売られている本にも価値があるし、どの本にも人類に対する悪意で満ちている。さて、一般参加者のみなさん、人は自分にとって必要な本を知り得ないのと同じように、人類にとって必要な本を知り得ないのだから、選り好みせず手当たり次第に文学フリマで本を購入されてはどうだろうか。あなたがその本を買わなかったことで人類の存続が1秒短くなったと最後の人間に恨まれないように。
[PR]
by suikageiju | 2011-10-30 19:47 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
文学フリマ十周年記念文集
 度々になりますが、牟礼鯨の独立と単独参加により第十三回文学フリマは西瓜鯨油社不参加となりました。最近は不参加表明がひとつの潮流となっているようで、かの「夜鴉鳴缺月影」ことLumiereさんも文学フリマ不参加ということです。小説界隈は少し寂しくなりますね。ただ絶対移動中さんが「妄想×少女」(妄想駆ける少女? 妄想が少女を浸蝕する?)を出されたり、1103号室。が『コルキータ』以上に版を改め重ねて『雨の日、テトラポッドで』を出したりと諸処で動きはあるようです。是非、鯨氏には佐藤さんちの佐藤さんのような感じで牟礼鯨の牟礼鯨として裸一貫で東京流通センターで埋もれないようにがんばってもらいたいものです。
 ところで第十三回文学フリマでは『文学フリマ十周年記念文集』が刊行されるようで販売価格は500円だそうです。「参加サークルからのメッセージ」に西瓜鯨油社の名前がありますが、もちろんこれは鯨氏が寄稿しました。なんでも「次の10年に想いを込めるのに、間違えて次の千年紀に想いを馳せちゃった」とのことです。その文章を読んでいないので、発言の本意はよくわかりません。また、コラム 「文フリを構成する道具(Tool)たち」にも寄稿したそうです。楽しみですね。
[PR]
by suikageiju | 2011-10-26 23:20 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
東京国際ブックフェアに文芸同人を。
 先日、東京国際ブックフェア実行委員会さんから西瓜鯨油社宛に封筒が送られてきました。2012年7月5日(木)~8日(日)に開催される第19回東京国際ブックフェアへの参加はいかがでしょうか? という内容です。特にいつまでに返送しろという期限は書かれていません。先着順なのでしょうか? 詳細はまだ問い合わせていないので分かりません。
f0208721_20591076.jpg


 この封筒を手にして、まず鯨はこう考えました。東京国際ブックフェアに文芸同人が出版社として参加したら面白いんじゃないかと。次にこう考えました。西瓜鯨油社の財政力では1スペースをとるのさえも無理だぞ、と。つまり西瓜鯨油社が「文芸同人連合(仮)」としてスペースをとって、「さあ文学フリマやコミティア創作文芸のサークルさん、特に費用はかからないのでご自由に本を持ってきて陳列してください。ただし搬入搬出はご自分で」という大盤振る舞いはできない、ということです。そして最後にこう考えました。東京国際ブックフェアに出展側として参加したいサークルがもし60サークルいれば、1サークル出資金1万円で東京国際ブックフェアに文藝同人を陳列できるんじゃないか、と。
 60サークルの数字の根拠はこうです。まず、1スペース(間口5m×奥行2m)の取得料金は45万円、レンタル装飾料金は14万円です。なので参加にかかる経費を60万円としておきます。次に本棚は横幅1m弱のものが4段×3列だそうです。本の幅が20cmとして、一段に5冊、計60冊は並べられます。1サークル1冊展示するとして60サークル出展できます。この場合、経費が60万円なので1サークル1万円を出すということになります。文学フリマやコミティアなどの参加費に比べると割高ですが俎上に載せてもいいお値段でしょう。もし装飾を自前でやるとして経費が50万円、棚の長さを増やして100冊展示可能(100サークル出展可能)とすれば1サークルあたりの参加費は5000円くらいになります。1サークルあたりの参加費を下げるのは参加サークルの数と参加サークル群の自助努力次第ってことになります。
f0208721_2115352.jpg


 東京国際ブックフェアに文芸同人が参加するメリットは以下のようなものだと考えています。

・文芸同人の存在を天下(出版業界)にしらしめる。

このくらいです。あとはそれぞれが参加を決めたあとにどのような行動をとるかによってメリットは変わってくるでしょう。ただ、これだけは言っておきますが「文学フリマやコミティアのように、同人誌を即売するためだけに東京国際ブックフェアに参加する」という動機付けであれば1万円を払って参加する価値がないと鯨は考えます。1スペースに60や100のサークルがひしめきあうのです。現実問題として1サークルが傑出して100冊も200冊も売れるってことはないと思います。またそんな在庫スペースもとれないでしょう。ですので書店に営業をかけて東京国際ブックフェア以後の自サークルの販路を拡大する、文学フリマやコミティア創作文芸全体の知名度を上げて、その結果として自サークルの売上げを上げる、そんな動機であれば参加する価値が少しは見えてくると思います。実際のところ、鯨がこうやって東京国際ブックフェアに文芸同人を参加させようと考えたのも、少しでも文芸同人というジャンルが賑わえばと願うからです。そういった願いが集まればと思います。
 ということでもし東京国際ブックフェアに参加したいって文芸同人、文芸サークルさんがいましたら twitterのmurekujiraに@を飛ばすという手段でも、文学フリマのブース(ウ-36)に声をかけるというやり方でも、murekujira ◎gmail.com(◎→@)にメールを飛ばす方法でも、このブログにコメントを残す形式でも構わないのでお伝え下さい。これはお願いではありません。文芸同人を発展させたいという志をかねてより持っている人が60人いますかという調査のようなものです。ですのでお願いはしません。志だけを待っています。文言は「東京国際ブックフェア参加の意志あり」で構いません。60サークル(或いは60人)集まったら、鯨が実行委員会さんに問い合わせます。もしかしたら実行委員会さんに「そんなの受け付けない」と言われるかもしれませんが、そのときは受け付けない理由をお伝えします。意志表明の期限は11月3日、第十三回文学フリマ閉会まで、としておきましょう。それでは有志からのメッセージを待っています。あと質問やご意見などもどうぞ。これについては鯨の方からお願いしたいくらいです。
[PR]
by suikageiju | 2011-10-16 21:47 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
第十三回文学フリマ「牟礼鯨」ウ-36
 第十三回文学フリマの配置番号が発表されたようです。西瓜鯨油社の分離主義者「牟礼鯨」は

ウ-36

をおおせつかったようです。

 今回はAが30まで、Bが52まで、Cが64、Dが64まで、Eが60まで、アが20まで、イが60まで、ウが64まで、エまで64、オが64まで、カが28となっています。指折り数えれば計580サークル参加です。会場となります東京流通センター第二展示場は一階のEホールと二階のFホールと分かれていまして、アルファベットサークルとカナサークルの別はこれの現れでございましょうか。また、これらホールには柱がありますのでそれぞれの記号の数が違うのももっともなことだなあと思います。
 さて、君は参加しますか?
[PR]
by suikageiju | 2011-10-13 05:54 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
ガリア女
 繰り返しになるようだが、西瓜鯨油社は第十三回文学フリマに参加せず、牟礼鯨が個人として参加する。といってもまだ配置番号も割り振られていないので参加する予定であるとでもしておこうか。その際に持って行く本は『ガリア女』である。これはポメラで執筆した七つの掌篇を収録した本で、最初は『月は彼の名を知らない。』というボーイズラブ小説っぽい甘ったるい題名にしようかと思ったけれど、結局執筆を支えてくれた相棒に由来して前述の題名をつけたものだ。ガリアとはフランスの古名で、日本に対しての大和のようなもの。フランス語読みでゴール女でも良かったけれどラテン語ふうに『ガリア女』とした。フランス語読みは日本人には馴染みが薄い。南半球に棲息する飛べないけれど泳げる鳥をペンギンと呼ぶ日本人は多いが、パングワンと呼ぶ日本人は少ないのがその証左だ。ちなみに、この本にフランス人は男であっても一人も登場しない。
[PR]
by suikageiju | 2011-10-09 20:02 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)