サークル閉鎖。
by 鯨
カテゴリ
文学フリマ
大阪
福岡
テキレボ・本の杜
タトホン
COMITIA
コミケ
古書ビビビ
俳句
雑記
弊社発行物
kindle
感想
掌編
翻訳
西瓜糖
朗読工
チュニジア旅行記
ラテンアメリカ文学
自己愛な人
情報カード
金沢文学フリマ
以前の記事
<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
非公式ガイドブック2014年春号(通巻第5号)推薦作決定会議
 「非公式」は補集合の代名詞だった。精神的指導者(アイドル)をつくり何かと群れたがる文学フリマ参加者のなかでそういった集合から漏れた嫌われ者クラスタたちの掃き溜めが文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド編集委員会であるはずだった。佐藤、屋代秀樹、牟礼鯨、そういった犬畜生、人外鬼畜、海棲哺乳類がいたころ、「非公式」はなかなかひとつにまとまらず、まだ補集合でいられた。
 でも、今や「非公式」は固有名詞となっている。何かと人望を集めている高村暦、猫をかぶった山本清風、そして銀河系最強の秋山真琴などまずまずの人格者を責任編集者に据えてひとつの集合を為しはじめた。だからだろう、今回から「非公式」ならではのカラーが出来てたように感じられる。もはや補集合には戻れないのか。

 2月16日10時40分ごろ地下鉄神保町駅に着いてホームを歩き扉が閉まったとき、Deity's watchdogと書かれた近江舞子さんの黒いトートバッグを半蔵門線の車内に置き忘れたことに気付いた。文芸同人誌入れとして重宝しており、いつもそれには数冊の文芸同人誌が入っていた。改札口の横にある駅事務室へ行き、駅員さんをけしかけて押上駅と北千住駅で回収作戦を決行したけれど、いずれも失敗した。11時からレイアウト会議であったので神保町交差点の集合場所で待っていた高村暦女史に会いに行き遺失物の件を告げた。11時15分くらいになっていたが、組版係のわたるんはまだ来ていないばかりか遅刻の連絡もないらしい。そこで高村女史の提案により、遺失物のデータベースにそのトートバッグが載って連絡が来るまで神保町のカフェめぐりをすることにした。
 カフェめぐりといっても中に入ったりはしない。犬尾春陽氏に教わった神保町カフェ・リストから非公式の会場に相応しいお店を外観と窓からのぞき見た内装から選ぶだけの作業である。雪の残る靖国通りとすずらん通りを女史のあとに従い歩く。
 それにしても、犬尾氏は迂闊だ。彼女が紹介したお店はほとんど日曜祝日休業だった。神保町は古本街とは言われているけれど、その実態は問屋街である。つまり平日に働く職業人のために賑わう街であり、日曜祝日になんて来るべき街ではないのだ。ましてや珈琲を飲むなんてことは。それは名高きさぼうるが日曜日定休であることから考えて分かるはずだろう。犬尾氏もそうだが、鯨は日曜日に神保町を開催地に選んだ高村女史も迂闊だと思った。会場となったギャラリー珈琲店古瀬戸は日曜日でも開いていた稀な例である。
f0208721_22265360.jpg

 文学フリマ非公式ガイドブック2014年春号(通巻第5号)の推薦作つまり掲載作決定会議は13時半過ぎから高村暦、秋山真琴、伊藤なむあひ、そして遅れてやって来た山本清風、真乃晴花の5人で、名雪大河が描く蛙たちのただなかではじめられていた。そこに牟礼鯨はいない。13時半から14時過ぎまで鯨は再び半蔵門線に乗って黒いトートバッグが見つかったという清澄白河駅までそれを取りに行っていた。今回、鯨はただの一冊も推薦していない。そんな非公式ガイドブックの制作に非協力的な人が会議で口を挟むのも可笑しいので会議よりも遺失物回収を優先させたのだ。もちろん、もう編集サイドからは外れた、ただのオンブスマンでありたいという願望もその選択には込められている。
 遅れて古瀬戸へ向かう。すでに会議は盛り上がりを見せていた。くっつけられた3脚の青い丸テーブルを囲むようにして座り、推薦作を全作品を読んだ責任編集者3人を中心に推薦作一冊ずつにそれぞれが意見を投げかけあっている。伊藤なむあひ、真乃晴花、牟礼鯨、この3人はその場にいるけれど俎上にあがっているすべての作品を読んでいるわけではない。単に偶然買って読んでいたか、それとも現物が目の前のテーブルの上に載っているかして得た情報をもとに、あるいはただ純粋に推薦者が書いた推薦文を読むだけで議論に加わっている。これは推薦作そのものへの評価もそうだけれど、それよりもその作品を推す推薦文への評価にも重きを置いているのが非公式ガイドブックだからだ。ゆえに推薦作をあまり知らない人が推薦文を読んでどう思うかを探るためにも未読者の存在はこの会議に必要である。幸運と努力の賜物だろうか、掲載する推薦作はその日のうちに決まった。けれど、まだ容赦がありすぎるように思えた。鯨の主観では「え、こんな本が?」という数作に誰も拒否権を発動しなかったのだ。
f0208721_236581.jpg

 会議はやがて掲載が決まった推薦作をどの評定担当者にまわすかを決めるテーマに移り変わった。評定担当者は推薦者の推薦文を相対化する。評定文は推薦作への評価を推薦文から読み取れる内容で固定化しないように機能する。その調整を行うという観点で評定担当者の割り振りが決められる。この割り振りにこそ責任編集者ならびに編集委員会の意図が込められている。
 最後には推薦作が載せられている頁以外をどうするかというテーマで話し合われた。いわゆるサークル紹介頁についてである。このとき鯨はその前のテーマで鯨に割り振られた推薦作の評定文をその場で書いていたのでほとんど話を聴いていなかった。ただそこでも厳かな決定が下されたことは確かだろう。
 16時に会議は終わり、その後はミスボドの秋山真琴が持って来たボードゲームを遊ぶ。まずは「詠み人知らず」、次に「藪の中」である。しばらく楽しんだあと、遅れて横浜からやって来た栗山真太朗を迎え、名古屋へ帰る秋山真琴を見送り、パパ・ミラノ神保町店にて無口な6人は歓談した。5月5日の第十八回文学フリマから話題を逸らすことはなかなかできなかった。
[PR]
by suikageiju | 2014-02-17 23:40 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
Invasión 侵入
 大雪のバレンタイン・デーに渋谷の小映画館アップリンクで、アルゼンチン映画「Invasión(侵入)」を観た。金属を引っ掻いたような耳障りな音が常に鳴っている映画だった。最後の場面で、南のレジスタンスたちに銃を渡し彼らを市街戦へと送り出したイレーネ(Irene)の顔のアップとともにまた奇妙な効果音が鳴ってこの映画が好きになった。というのは、映画の序盤は何が起こっているのか分からなかったけれど、観ていくうちに段々と何が起こっているのか理解できて、理解度に比例してこの映画に夢中になっていくからだ。だから最後でこの映画が好きになった。車から飛び出したような感覚になるカメラ回し、夜の場面では地面に水を撒かず光量を減らして黒を濃くするのが記憶に残った。
f0208721_1374529.jpg


侵入者v.s.ドン・ポルフィリオ派
 北東に海岸線を持つ、きっとラテン・アメリカのどこかにある都市国家アキレア(AQUILEA)。この街に白いトレンチコートの男たちがトラックに乗って侵入して来る。白いトレンチコートと言っても白黒映画だからそう見えるだけなので実際はどういう色だか分からない。一方でトレンチコートの侵入者からこの都市国家アキレアを守るべく戦うのは老人ドン・ポルフィリオ(Don Porfirio)率いるレジスタンスである。ドン・ポルフィリオは砂糖ぬきでマテ茶を飲み、家で黒猫ウェンセスラオ(Wenceslao)を飼っている。ドン・ポルフィリオは電話で指示を出す、時には嘘もまじえて。トレンチコートの侵入者はドン・ポルフィリオを殺さない。彼はいつだって孤立無援だから。それに、アキレア市民はドン・ポルフィリオをそんなに支持していないようだ。ドン・ポルフィリオとレジスタンスはアキレア市民のために戦うが市民はむしろトレンチコートの侵入を期待しているのかもしれない。
f0208721_142736.png

f0208721_1294928.jpg


エレラとイレーネ
 ドン・ポルフィリオの部下のエレラ(Herrera)は黒スーツを着てドン・ポルフィリオの命令に従い、トレンチコートの侵入者と戦う。ただエレラは「貨車置場へ行け、カフェには寄るな」と言われてもカフェに行ってわざと侵入者に捕まることもあり、それで小隊長格の殺害に成功していたりして、ここでドン・ポルフィリオの命令の虚実はわからなくなった。ドン・ポルフィリオはどこまで計略していたのか。侵入者がトラックでアキレア市内に持ってきた無線装置の破壊に成功したエレラが運悪くまた侵入者に捕らえられても、彼はレジスタンス組織の武器の隠し場所を決して明かさなかった。彼は2度も侵入者に捕縛されながらもその度に逃げ出した。そんなエレラの妻イレーネは夫が昼夜何をしているのか知らない。そしてエレラもイレーネが夜に出歩いていることを知っているが妻が何をしているのか知らない。観客である鯨は、最初イレーネは侵入者の間諜かと思っていた。たぶんエレラもそう疑っていたかもしれない。でもエレラの死後に違うのだと知らされる。
f0208721_174920.jpg


トレンチコートの侵入者はすごい
 トラックで無線装置をアキレア市内に運んできたり、送信機をスタディアムに設置したり、侵入者の科学力はリボルバーで戦うのが精一杯のドン・ポルフィリオ派をはるかに凌駕している。侵入者はトレンチコートで服装が統一されているのに、レジスタンスは服装に費やす資金がないのか、それともレジスタンスだからかバラバラの私服を着ている。終盤では侵入者は無数の自動車、無数の飛行機、無数の上陸艇、無数のトラック隊(無線装置積載)でアキレア市に侵入する。相手は残ったドン・ポルフィリオとイレーネだけなのに。侵入者の科学力の象徴はそのアジトにあった白黒テレビと電気棒である。白黒テレビが何だかもの凄い未来のモニターのように見える。
f0208721_1143274.jpg

f0208721_1143185.jpg

f0208721_1254017.jpg



次々と殺されるドン・ポルフィリオの部下
 無線装置の破壊作戦で、「手の静脈を見る」と歌う口髭ギター弾きの死と引き換えに、アキレア市の北北東にある島に侵入者たちをおびき寄せ、ガソリンで彼らを焼き殺すことに成功したドン・ポルフィリオ。しかしトレンチコートの侵入者はその勢力衰えず、次々とドン・ポルフィリオの部下を殺して仕返ししていく。女好きなプレイボーイは女に欺かれても最期まで紳士であったし、「私は盲目だ」と言って銃に気付かず殺された男は脚本のホルヘ・ルイス・ボルヘスを連想させた。また、ドンパチ銃声音のあるウェスタン映画の上映が終わったあと観客が去った映画館で一人残った部下が銃殺されている場面は胸を打った。ドン・ポリフィリオの部下、一人一人の死が印象付けられていた。もちろんスタディアムへ送信機を破壊しに行き増殖するトレンチコートの侵入者たちにタコ殴りにされ芝生コートの上にうち捨てられたエレラの死も。こうして部下は殲滅されレジスタンス側で残ったのはドン・ポルフィリオただ一人となってしまった。と、そう思わせておいて実はエレラの妻イレーネもそしてイレーネとともにアキレア市内で不穏な活動をしていた男たちもドン・ポルフィリオの部下だったのだ。エレラは妻がレジスタンスの仲間であることを知らずに死んでいった。
f0208721_1164873.jpg

f0208721_1192040.jpg


文明の侵入
 この映画はドン・ポルフィリオのレジスタンス活動が一敗地に塗れたあとも終わらないことを示して幕切られる。ではアキレア市に侵入するトレンチコートの侵入者とは何なんだろう。きっと侵入者のトレンチコートで画一化された男たちも飛行機の編隊も船舶群もトラックと自動車の隊列も、文化を侵食する巨大な科学文明(とくに北アメリカ大陸のアメリカ合衆国の)を象徴しているのだ。ドン・ポルフィリオのレジスタンス活動はそんなアメリカ合衆国の科学文明に押し潰されそうになりながらもこれに対するアルゼンチンならびにラテン・アメリカ諸国文化の抵抗を描いたのだろう。だから、ドン・ポルフィリオが最後に送り出した、イレーネが動かしていたレジスタンスたちは「南」の人々なのだ。アメリカ合衆国に対してラテン・アメリカが「南」であるように。ドン・ポルフィリオがスタディアムで死んだエレラの遺体に会いに行くとき自宅の鏡に向かい「歳をとりすぎた」と呟く。 そして歳をとりすぎていない、それほど頑固でもないラテン・アメリカの人々はアメリカ合衆国という侵入者を警戒せずに歓迎している向きもある。アキレア市民がそうであるように。だからこそアメリカ合衆国という科学文明の訪れは歳をとりすぎて変われない人や頑固な人にとり「侵入」なのだ。この映画は1960年代のアルゼンチンをとりまく文化情勢と知識人層の焦燥を描いたおとぎ話で、アキレア市は最後まで守ろうとした文化で、戦いはまだ終わっていない。
f0208721_1245710.jpg

f0208721_1263541.jpg


Invasión(侵入)
監督:Hugo Santiago Muchnick
脚本:Jorge Luis Borges, Adolfo Bioy Casares, Hugo Santiago Muchnick
[PR]
by suikageiju | 2014-02-15 01:40 | ラテンアメリカ文学 | Trackback | Comments(0)
建国記念の日にアルゼンチン映画を観る
 早稲田にあるカフェ・ゴトー脇に備え付けられた黒い金属製の階段を軋ませながらすべらないようにして降りると、その左手に開けた雪の残る空地に武装した警官が二人いた。彼らの頬は白く、皮膚の下に朱を散らしたような血の色が見えた。一人の警官が制服で隠すように赤いワンダの缶珈琲を同僚に手渡して、同僚もまた人の目から隠すように掌で缶を覆って回しぬくもりで指をあたためるとポケットにしまって早稲田通りに出て、早稲田駅前交差点を封鎖している所属の分隊に合流した。鯨はその受け渡しの一部始終を階段の上から見てしまった。
f0208721_22513198.jpg

 駅前交差点は警視庁がバリケードで封鎖している。右翼の街宣車が鶴巻町方面から来て封鎖線を突破しようとしていて拡声器で「警察は何を守っているのか。極左の奴らを守ってどうするのか」とガナリ立てる。機動隊のとある一個分隊十人ほどが分隊長に続いて走って配置場所に移動する。交差点がざわつき、緊張が走った。しかし数分後、突破を諦めた街宣車は神楽坂方面へ帰って行った。バリケードは収納され再び自動車が交差点を横断していく。鯨は交差点をあとにして、右も左もない、この国というか共同体にはあの若い警官が手渡していた缶珈琲のぬくもりがあるだけだと思い、短歌をつくった。
缶珈琲をかくして渡す警官のかじかむ手にぞ国は建つなり

 西早稲田駅から副都心線で移動して渋谷の映画館アップリンクへ行きアルゼンチン映画「闘鶏師の恋」を観た。60年代の古い映画だ。エンタメやら大衆小説を名乗る下手な小説のように男と女が見つめ合うと突然恋に落ちてベッドシーンに変わり、決まり切ったように男が銃で撃たれて死ぬ映画だった。予定調和のうちに展開し、顔のドアップと陰影の濃い静止画でほとんどを占められた映画だった。でも、それでも構わないと思った。どんなに下手な作家の小説でも読んでやろうと試みる人がいて、どんなにつまらない映画の興行でもこうやって金を払って観てやろうという人がいる。そういった人がこの国というか共同体を成り立たせている。
 2月11日は建国記念の日である。この祝日は神話じみた史書を典拠に思想だけで突き固められた国家概念の制度化である。千代田の森の奥深くで平成時代を三十年も続けないうちに死に瀕するだろう老人とその一家が消滅したら吹き飛んでしまうような、そんな国の記念日である。でもあの一家が消滅したからといって、早稲田で同僚に缶珈琲を手渡していた警官が、硬貨を握って自動販売機に走らずに、ただ黙って隣の同僚を射殺するだろうか。あるいは千代田城の跡地に誰も住まなくなったからといって、決まり切ったパターンだけを踏襲する古き良き映画を誰も観に行かなくなるだろうか。そんなことにはならない、そう信じたい。だからこそ建国記念の日には右も左もない。この日は手渡される缶珈琲のぬくもりを讃える日であり、つまらない映画を観に行く人を賞讃する日なのだ。そうでないのであれば、国なんていらない。
[PR]
by suikageiju | 2014-02-11 22:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
『受取拒絶』売り切れと追加納品
 上野でピザを食べていた2月1日昼過ぎ、古書ビビビの徳川店長より『受取拒絶』が売り切れたとの連絡をもらった。昨年11月11日にこの本を納品して3ヶ月弱のことである。そのため本日2月2日、鯨は下北沢の茶沢通り沿いに聳える古書ビビビ東京総本店へ赴き、『受取拒絶』を追加納品した。買ってくれてこのブログを読んでいる人は鯨に感謝されるのを期待していないことは知っている。だから敢えてこう言う、「買えて良かったね」。
f0208721_19353835.jpg

 今年1月5日に年始挨拶を兼ねて訪問したとき、弊社発行物にハマってくれた女性がいたらしく「毎日買っていきましたよ」と店長から聞いた。この話を意訳すると古書ビビビの近所にお住まいのその女性は弊社の本を買って舐めるように読み、読み終わると下駄を履いてカランコロンと古書ビビビに出かけ「牟礼鯨ください」とほぼ毎日やっていたわけだ。もちろんこれは憶測に過ぎないが、それにしても素晴らしいまでに自堕落な生活である。さすが下北沢、読書センスに長けた人が住んでいる。
 今回よく売れたのにはいくつか理由があるだろう。まず徳川店長の営業手腕。これは外せない。そして山本清風氏や栗山真太朗氏など一緒に文庫フリマに携わる仲間の本が横に並んでいたことも一つの要因であろう。一般書店では見られないような異様な風体をした同型の本が入口すぐの平台に数並んでいるだけで、人の目を惹く。最後に弊社のような文芸サークルの本に感想なり評なりを寄せてくれた方達のtweetなども影響しているかもしれない。
 『受取拒絶』の他にも黄色い表紙の『南武枝線』はまだ在庫があるので古書ビビビでぜひ手に取っていただきたい。「痴漢から始まる恋もある」と思ったらチャンスだ。
f0208721_082434.jpg

 また、文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド編集委員会の最高責任編集者高村暦女史も古書ビビビに委託したいという希望があったため口利きだけをした。『視姦』の「眼球とは亀頭の隠喩だ」という惹句は鯨が寄稿した解説文の冒頭部分である。

 今回のことで「これからも西瓜鯨油社でずっと書いていきたい」という思いを更新した。休日はぜひ下北沢は古書ビビビへ。その帰りには下北沢に点在するマジックスパイスやスープカレー『心』などのカレー屋で古書や個人出版本を読むのも読書人の嗜みだ。
[PR]
by suikageiju | 2014-02-02 20:34 | 古書ビビビ | Trackback | Comments(0)