<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
第十八回文学フリマ
 2014年5月5日(月祝)に大田区平和島の東京流通センターで開催される文芸イベントが第十八回文学フリマである。逃避癖の文学結社、西瓜鯨油社もそれに参加する。いたたまれない側のひとつとして。


 『文学フリマ非公式ガイドブック2014年春(通巻第5号)(B-01)も評定者として参加しました。

【配置場所】
 B-20

【頒布物】
・『譫妄とガラナ』(98頁)、牟礼鯨、新刊
世田谷で起きた監禁事件の新聞記事を読んで、牟礼鯨は精神病院に旧い友人を訪ねる。 あけっぴろげになった友人が語る譫言めいた昔話を物語化。
f0208721_23431614.png

・『受取拒絶』(98頁)、牟礼鯨
 ――君の物語を誰かが受け取るとでも思ったの? 返事の来ない手紙を78通投函し続けた男がやっと受け取った返事は「受取拒絶」だった。頒布後の反応はこんな感じでした。
f0208721_2321479.gif

・『南武枝線』 (82頁)、牟礼鯨
 痴漢で出会った嘘つきとサイコパス。嘘つきの始めた「新日程」が南武支線を怪異させる。記憶を喪う鉄道幻想譚。その第二版
f0208721_6241743.jpg



【備考】
・「西瓜鯨油社」は「すいかげいゆしゃ」、「牟礼鯨」は「むれ くじら」と読みます。
・とりあえず「西瓜鯨油社宣言」と「会社案内」をお読み下さい。
・事前に質問などがございましたら「murekujira◎gmail.com」(◎→@)やコメントまで。
・小便もしくは尿意に対する強迫観念があるのでよくトイレに行きます。鯨不在の場合は待っていてください。もしくはAmazon Kindleストアでショッピングして待っていて下さい。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-29 10:19 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
ジョアン・フォンクベルタの視覚による悪ふざけ
 さて、今日の勝手にフランス語を訳す企画はLe Mondeの新聞記事、ヨーロッパ写真館で開催されていたジョン・フォンクベルタのカモフラージュ展についての記事の無料で読める部分だけだ。

展示会を訪問して笑い声が鳴り響くのはそうありふれたことではない。ヨーロッパ写真館での、部屋から部屋へと虚構の悪ふざけをぶらつく、抜け目なく笑いをとるスペイン人、ジョン・フォンクベルタの展示会では笑い声にしかめっ面を見せるなんてとんでもないことだ。

地下階にある美術館の丸天井では絶滅種を発見した学者の研究が展示されている。その文書、新聞記事、科学的写真は足取りの真剣さを証明している。ケンタウロス、ユニコーン、グリフォンなどとの強い類似が示されている問題のある動物を除いて、全て。

 ちょっと文の構造が複雑だった。

原文
[PR]
by suikageiju | 2014-04-29 08:29 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
第十八回文学フリマとCOMITIA108を効果的に連絡する双方向ハシゴ方式
 2014年5月5日(月祝)、有明の東京ビッグサイトこと国際展示場で自主製作漫画誌展示即売会COMITIA108が、その同日に平和島の東京流通センターで創作文芸・評論オンリーの同人誌即売会、第十八回文学フリマが開催される。論を俟たずして逃避癖の文学結社・西瓜鯨油社は第十八回文学フリマに参加する

 東京湾岸部で、創作文芸サークルが参加しそうな同人誌即売会が同日開催されることで、2つのイベントを連絡して一般参加をする人、いわゆるハシゴをする一般参加者が出てくるだろう。都合の良いことに両イベント間には路線が通っており、ビッグサイトの最寄り駅であるりんかい線国際展示場駅と東京流通センターの最寄り駅である東京モノレール流通センター駅は、天王洲アイル駅で乗り換えれば534円25分以内で行ける。歩行時間も含めれば50分もかからない。
 ハシゴといえば午後2時前までどちらか一方の同人誌即売会に滞在して、午後2時半には別の同人誌即売会に移る、という片方向ハシゴ方式が一般に流布している定番だけれど、その方式だと前半で帰ってしまうサークルさん、後半から遅れて参加するサークルさんの本を買えなくなる危険がある。そのため、どちらの同人誌即売会にも前半と後半それぞれに少なくとも一回は訪れる双方向ハシゴ方式を採用する世界基準の一般参加者が増えている。そのうち、ISOも取得するだろう。そこで、第十八回文学フリマは閉幕17時とCOMITIA108より1時間長く会が続くことを考慮し、前半は(開幕)COMITIA108→第十八回文学フリマ、後半は第十八回文学フリマ→COMITIA108→第十八回文学フリマ(閉幕)という双方向ハシゴ方式を採用すれば効果的だろう。決して効率的ではないけれど。

 双方向ハシゴ方式での実際の行程表を示すには有明と平和島、それぞれの地区にどのくらい滞在する必要があるかを計算する必要がある。Googleマップによれば、国際展示場駅から東京ビッグサイトまで徒歩11分とのこと。多く見積もって片道15分で計算すれば有明地区の滞在時間は1時間30分必要だろう。一方で流通センター駅から東京流通センターまでは徒歩3分である。これなら平和島地区の滞在時間は1時間あれば充分だろう。この滞在時間を基準に以下、行程表をジョルダンで算出した。

【1】開幕のCOMITIA108を愉しむ。(有明滞在1時間35分)

■国際展示場 1番線発
|  りんかい線快速(川越行) 4.3km 3・8号車
|  12:35-12:40[5分]
|  267円
◇天王洲アイル 1番線着 [9分待ち]
|  東京モノレール(羽田空港第2ビル行) 4.7km
|  12:49-12:54[5分]
|  267円
■流通センター

【2】第十八回文学フリマを楽しむ。(平和島滞在1時間13分)

■流通センター
|  東京モノレール(浜松町行) 4.7km 後/6号車
|  14:07-14:12[5分]
|  267円
◇天王洲アイル 2番線発 [13分待ち]
|  りんかい線(新木場行) 4.3km 3・8号車
|  14:25-14:31[6分]
|  267円
■国際展示場 2番線着

【3】COMITIA108を愉しむ。(有明滞在1時間34分)

■国際展示場 1番線発
|  りんかい線(大崎行) 4.3km 3・8号車
|  16:05-16:10[5分]
|  267円
◇天王洲アイル 1番線着 [11分待ち]
|  東京モノレール区間快速(羽田空港第2ビル行) 4.7km
|  16:21-16:26[5分]
|  267円
■流通センター

【4】第十八回文学フリマを楽しむ。閉幕。(平和島滞在34分)


 この方式ならICカードを使えば1602円で前半と後半の両イベントを堪能することができる。本も何冊か買えるだろう。もちろん1時間を少し超えるくらいの滞在では本を探す時間が足りなくなることもあろう。そこで便利なツールとしてCOMITIA108にはティアズマガジンがある。そして第十八回文学フリマでは公式カタログの他にB-1で頒布されている『文学フリマ非公式ガイドブック2014年春(通巻5号)』がある。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-29 07:00 | 文学フリマ | Trackback | Comments(0)
情報カードで日々のToDoを管理
 下の紙の束は、1月から4月に及ぶ日々の業務ToDoを情報カードで整理した結果である。1月14日から4月19日まで平日分すべての日数から6日間くらいを引いた数だけ揃っている。
f0208721_0513431.jpg

 もともとは煩雑な業務をこなすために整理ツールとしてToDoリストを必要としていて、5×3サイズのコレクト情報カード(補助6ミリ罫線)でこれを代用した。情報カードでできる24のことの「1.ToDoリストを作成」と「2.メモをとる」の実践である。
 使い方は、階層ToDoのチェックボックス・スタンプと日付を印字した情報カードをいつもスーツのポケットに入れて携帯し、電話を受けながら、あるいはしなければならないことを命ぜられたり思い出したりしたら、そのやらなければならない業務内容を記入していく。そして、その業務をこなしたらボックスにチェックしていく。スーツに入れて動き回るので折れたり、撓んだりするけれど情報カードはある程度厚みがあるので破けることはめったにない。
 この管理方法を実践してから「やり忘れた」という事態に追い込まれるのは減った。もちろんその日のうちにこなせなかったToDoが次の日、次の日と繰り越されることはあるけれど、「やり忘れた」ということは減った。また自分がやらなければならない業務リストの記憶を外部に委託できるので心理的な負担も減る。何をやらねければならないかをその都度一々脳内で思い浮かべて整理する必要はないからだ。マルチタスクは脳の大きな負荷になる。たとえ幾つかの業務を抱え込んでしまってもToDoに落とし込んで紙上でリスト化でいけば脳を煩わせる必要はない、分かっているようで分からないことだ。
f0208721_051182.jpg

 またToDoだけではなく、欄外や裏に聞いた電話番号やメールアドレス、顧客情報などを書き込むメモとしても使える。これは付箋のように捨てることもなく写真のように保存しているので数日前の情報などを見返して使うこともできる。あとこのように見返して仕事をした気分に浸れる。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-19 01:15 | 情報カード | Trackback | Comments(0)
アントニの断片
 やっと昨夜、休めた。今夜は「シネマテーク・フランセーズ」から。2014年は1914年からちょうど100年ということで、大阪の書店で大坂の陣特集が組まれるように、欧州の書店では第一次世界大戦特集が組まれている。では鯨は、おまえは(指を差さないで!)レトロニムを排して「世界大戦」と呼ぶその戦いに思いを馳せて何をしているのか?というとセリーヌの『夜の果てへの旅』をちびちび読んでいる。作家がle bout de la nuitを知っているかどうかって大事だ。le bout de~のあとが何だかは構わないけれど、いくらプロットに巧みで言葉の配置がうまくても、le boutを知らないと文章が薄くて透けてしまう。深みがないっていうのもそうだけれど、偽物になってしまう。偽物が十数人集まって本を作っても本物にはならない。でも本物が一人混ざっていれば本物になる。
f0208721_6311686.jpg

1919年、アントニは目立った外傷なく戦争から帰ってきた、しかし彼が体験した恐怖により心理的外傷を負う。彼のケースはラブルース教授、心理的外傷をともなう衝撃の治療に於ける先駆者に非常に興味を持たせた。教授は彼に戦争体験のうちでもっとも激しい瞬間を再現させることを試みる、そこから解放するために。

 つまらなそうな感じが文面から沸き立つ。文章がやや複雑だからだ。もっと単純に説明できたと思う。きっとアントニがどんな戦争体験をしたのか、その核心となる部分がずっと伏せられていて、段々と傍情報から真実が明るみになっていくというミステリー仕立てなのだろう。そう考えると面白そうな気がする。でもこういう謎解きパターンってその謎解きがメインになっていて真実を知ってしまうとたいてい「え、そんなこと」と呆気にとられるケースも多い。これはどちらか。
 それにしても「アントニの断片」、どんな映画なのだろう。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-12 23:37 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
ケドマ
 こうして「シネマテーク・フランセーズ」を和訳していく企画も3日連続で更新である。明日は絶対に休もう。そういえばこの企画を考えたとき、新潮文庫を思い出した。新潮文庫は文庫ラインナップ紹介文が好きだった。夏の昼下がりにあの短い紹介文を読むのがたまらなく好きだった中学生。
 今回はイスラエルの映画監督Amons Gitaiの作品である。つまりアモス・ギタイ氏。まったく聴いたことがない監督だ。そして題名はKEDMA。たぶんヘブライ語だろうけど意味が分からない。「ケドマ」、聴いたことがない。そもそもイスラエル映画は観ない、鯨が、あるいは日本では。アウシュビッツ収容所などユダヤ人がナチスに虐殺される映画はよく観るのだけれど、それ以後のユダヤ人を撮ったイスラエル映画はあまり観ない。これは鯨個人の趣向なのか、それとも日本人の趣向なのか。
f0208721_2224146.jpg

 とりあえず訳す。
1948年5月。英国の委任統治は終焉したのに、ユダヤ人とアラブ人はパレスティナで交戦している。ある老朽化した貨物船《ケドマ》号は約束の地へ向かって進む、全欧州から来たホロコーストの生存者数百人を載せて。パレスティナの浜辺の上でパルマッハ(ユダヤ人地下部隊)の兵士達は彼らを迎える準備をし、そして英国の兵士達は彼らの上陸を阻止しようとする。

 文法としてはalors que~の「~のに」くらい。1948年5月といえば第一次中東戦争が勃発している。WWⅡに勝利したばかりの英国はパレスティナに於けるユダヤ人国家樹立に前向きではなかった。そのためユダヤ人地下組織による反英武装蜂起や暗殺、内戦などが横行する事態になる。紀元直後のローマ人よろしくユダヤ人統治に手を焼いた英国は1948年5月に委任統治を断念し、「約束の地」の未来を国連に丸投げしてパレスティナから撤退した。そういった歴史を踏まえないとこの映画の紹介文は何のことか分からない。そしてパルマッハは英国が対独戦のために組織したユダヤ人部隊で書かれているようなl'armée clandestin juiveとは意味合いが違う。そんなパルマッハと英国軍。パレスティナの浜辺ではどんな闘争がくりひろげられたのだろうか。
 老朽化した貨物船が載せるホロコーストの生き残り、という叙景が美しい。まるでユダヤ神話に出てくる「ノアの方舟」みたいだ。あるいはオデュッセイアか。「シンドラーのリスト」を観たあとはこれ。それにしてもどんな映画なのだろう。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-10 23:18 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
 今日も「シネマテーク・フランセーズ」から。二日連続になってしまったけれど、この企画は決して毎日更新ではない。世間はそんなに寛容ではない。今日はフランス語題「VISAGE」という台湾映画。監督はTSAI MING-LIANG、1957年にマレーシアのクチン(猫町)で生まれて、台湾で映像教育を受け台湾で活動している。漢字では蔡明亮と書く。彼の映画を鯨はまったく知らなかったし、観たこともない。
f0208721_2213479.jpg

 それでは訳していこう。
ある台湾の監督はルーヴル美術館でサロメの物語を撮影するよう招かれる。彼は英語もフランス語も知らないにもかかわらず、どうしてもヘロデ王の役を喜劇役者ジャン=ピエール・レオに託したいと固執している。このフィルムにチャンスを与えるため、制作会社はサロメ役を国際的名声のあるトップモデルに委ねる。しかし撮影の冒頭から問題が蓄積し……。


文法としてはbien que~で「にもかかわらず」、それに「il sache」とsavoirの接続法現在形が使われていることくらいか。la productionを主語に据えたときの適訳、そしてquelque chanceの訳に悩んだ。Jean-Pierre Léaudが誰かを知らなかったけれど、フランソワ・トリュフォーやヌーヴェルヴァーグ映画と関わりの深い俳優とのこと。確かに蔡監督は「台湾映画の初期ヌーベルヴァーグ期の10年間に現れた監督」という説明もあった。ということは、ルーブルに招かれた台湾の監督とは蔡明亮本人のことなのだろう。そしてジャン=ピエール・レオは売れない、流行らない、時代遅れの俳優といったイメージがフランス人の中にはあるのだろう。あるいは映画そのものを破壊してしまうような魔力を秘めているのか。いずれにせよ、ジャン=ピエール・レオ起用であいた穴を塞ぐために制作側は世界的トップモデルをサロメ役に据える。でも撮影冒頭から問題が次々と起るのだ。きっと台湾人監督は己の美学を追求するために、採算度外視でサロメの映画撮影を完遂させようとしたのだろう。洗礼者ヨハネの首を本当に斬ってしまったりたりたり。どんな問題が起ったのか気になる。VISAGEは顔の表面という意味。サロメ役のトップモデルの顔と血の気を失った洗礼者ヨハネの顔が大きく、点対称のようにして映される画が思い浮かんだ。いったい、どんな映画なのだろう。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-09 23:00 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
淑女と髭
 勝手にフランス語を訳す企画をはじめる。手近なところにあるフランス語の文章を読んで勝手に訳し勝手に想像をめぐらす、というものだ。まずは「シネマテーク・フランセーズ」の映画紹介文をやっつけていこう。
f0208721_23185534.jpg

 LA DAME ET LES BARBESという映画の紹介文。邦題は「淑女と髭」だろうか。小津安二郎という映画監督の作品らしい。フランス人も小津作品を観るのか。小津作品といえば「東京物語」などを早稲田松竹で観たことがあるけれど、この作品は観たことがない。さっそく訳してみよう。
キイチはある大学の剣道部の主将で身なりに構わず、特に髭を生やしっぱなしにしている。ある若い娘が彼に剃るようにお願いする。彼は見違えるようにまた美しくなって、大学キャンパスの全ての少女達を魅了するほどである。

 文法的にはsi~que~の呼応表現と代名動詞の多さくらい。なかなか面白そうな内容である。キイチは大学キャンパスの少女達を魅了して、「ある若い娘」がそんなモテモテのキイチに嫉妬して、みたいな展開が想像できる。それで、「ある若い娘」がやっぱり髭面のキイチがいい、みたいなことを言ってキイチはその言葉でハタと我にかえりもとの無精髭のむさぐるしい剣道男に戻って、なんて結末が用意されているのだろうか。現代だと眼鏡姿でパッとしない女の子を男がプロデュースしたらめんこくなって急にモテモテになってしまいプロデュースした男が嫉妬して……、みたいな展開がライトノベル的で王道だろう。
 それにしても「淑女と髭」、どんな映画なのだろう。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-08 23:43 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
『受取拒絶』追加納品とトーキョー・ベイ
 消費税増税前の3月30日土曜日に毎度おなじみ下北沢の古書ビビビさんへ行って『受取拒絶』の追加納品を行った。「消費税増税前の精算」という徳川店長の呼びかけに応じたのと『受取拒絶』が品薄になったのと、2つの理由での訪問である。ただよく考えてみると納品書では消費税の項目に横線を引いて納品している。消費税増税と西瓜鯨油社に何か関係があるのだろうかと疑問に思い訊いてみた。

牟礼 「消費税増税って関係あるんですか」
徳川 「ないですね」

 同時に古書ビビビ出版さんから刊行された『トーキョー・ベイ』を買った。タモリへの愛に満ちていた。
f0208721_22414028.jpg

 「ひょっとしてあなた お腹がすいているんじゃないの」は名言。
[PR]
by suikageiju | 2014-04-01 23:05 | 古書ビビビ | Trackback | Comments(0)